わたしのあした~発達障害とともに生きる 障害年金

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害厚生年金と障害基礎年金

皆さま、こんにちは。

先日ツイッターで障害年金受給に関する話題で
しばし熱いトークが繰り広げられていたので、
このブログでも過去記事の中に関連記事がないかなと
思って探したのですが、
申請に関する記事が殆どなかったことに
自分でも唖然としてしまいました。

そのうち記事にしようと考えてはいたものの、
申請に関する雑多なことを一気に書くと
自分の脳みそでは混乱するので、少しずつ
気が向いた時に書いてみようと思います。

障害年金とは、病気や障害により、
就労できない、もしくは就労に制限が生じる場合、
支払われるものです。

まず国民年金、または厚生年金の加入要件を
満たすことが第一条件になります。

そして、その傷病での初診日がきちんと証明できること。
これも重要です。

そして、その初診日に加入していたのが
国民年金の場合、障害基礎年金、
厚生年金(公務員以外の会社員)の場合は、
障害厚生年金
になります。

障害基礎年金は、1級と2級、
障害厚生年金は、1級から3級

そして障害厚生年金の場合、
1級と2級は

障害基礎年金+厚生年金加算分=受給額

となります。(2階建ての年金)

3級は大抵、最低保障額になることが
多いようです。


それぞれの算出方法についてはかなり面倒なので
省きますが、

★障害基礎年金2級の場合、約6万5千円/月

★障害厚生年金2級の場合、月収20万円で約9万5千円/月

くらいになるようです。

これはとても大雑把な額なので、もっと詳しく知りたい人は、

日本年金機構のサイトを見て計算してください。

厚生年金の人は、手早く年金額を算出できるサイトが
ありますのでこれを使って算出してみてください。

→障害年金シュミレーター
→日本年金機構のホームページ

今日はこのあたりまでにしておきますね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村






イラっときたこと

先日、年金事務所から電話がありまして。
それは以前提出した、障害年金の額改定の手続きのための診断書と、その申請書の件だったのですが、
それぞれに不備があり、年金事務所から返送されてきました。

それには、診断書の訂正箇所、額改定申請書の記入もれ(生年月日の記入を忘れていたらしい)があって、そこを訂正、記入して添付の返信用封筒で返送するように書かれた書面が添えてありました。

それで、主治医にお願いして訂正箇所を訂正してもらい、申請書の記入漏れのところを私が記入して、返信用封筒で送付しました。これが先週のこと。

それから週があけて、先日、再び年金事務所からこの診断書の件で電話がありました。

どうやら訂正箇所は一箇所でなかったらしく…。

また診断書は送り返されてくることになりました。(←いまここ)
正直、二度も診断書が戻ってくることに、ちょっとイラッとしてしまいました。

診断書を書くのは医師ですが、医師は、医療の専門家ですが、書類を書く専門家ではないのですし。それに書くのは、一人や二人の患者さんの分でないし、恐らくたくさんの書類を書かれているのだと思います。
だから、障害年金の診断書のように、年金機構所定の診断書に記載をする場合は、記入例を一緒につけてもらえると、患者側としても助かります。

また、記入漏れや訂正箇所は、付箋紙などでわかりやすく示していただけると、とても有難いです。

特に、発達障害の人も、他の精神障害の人も、書面であっても箇条書きで簡素に書かれてあるほうが、わかりやすいのではないかと思います。(精神障害の人は、長文が読めなかったり見落としたりしがちです。)

障害年金を受給する人は、言い換えれば支援が必要な人と言えるのだから…とは言え、発達障害の人や、また他の精神障害の人への対応も、まだまだなんだな、と感じた一件でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

障害年金支給日

朝起きたらうっすら雪が積もっていて、しかもどんどん降ってくる様子で、今日は早めに出なきゃと、すっかり慌ててしまいました。
こういう日に限って、早朝覚醒して二度寝したりして、起きてネットをチェックして、電車の遅れが出てないか調べたり、今から急いで支度したとして何時の電車なら乗れるか調べたり。朝からすっかりバタバタしてしまいました。

それに今日は障害年金の支給日。だからといって贅沢できるわけでもなく、定期代とか病院代等々をおろしたりするだけだから、今日でなくてもいいけど、週末だし、土曜日にATMで現金を下ろすと手数料がかかるから、帰りには銀行に寄ろうと思っていたけれど、外に出て歩き出すと雪はかなり降っていて、それもちょっとためらってしまうくらいでした。

仕事が終って帰る頃には、雪が雨に変わっていて、足元がおぼつかない。それでも、今日はコンビ二に寄ってコロッケを2個買って、それから銀行に寄って、必要なお金をおろして帰りました。

ところで、私が年金やお給料を下ろすときは、ちょっと面倒なのだけど、定期代、医療費、国保…と、使う費目ごとに下ろしています。そうすると、通帳が家計簿代わりになるし、銀行に寄ったその足で買い物に…となってしまうことなく、必要な分だけお金をおろして、そのまま帰宅できます。

障害年金は、後払い方式で2ヶ月に一回の支給です。だから、どの支払いに年金を当てるかを考えて、計画的に使わないと、必要な時に必要なお金がないという事態に陥ります。私は作業所のお給料もあるのですが、それは主に食費や日用品などの生活費に使うので、年金を食費に回したりすることがないようにしています、年金は、光熱費や家賃、医療費、交通費などでほとんど消えます。

私がこんなふうに、まあまあ計画的に使えるようになったのは、今までお金の管理がいい加減で失敗してきたから。普通に働いてお給料を貰っていたころは、ボーナスをしっかり当て込んだ使い方ができたけど、今はそれができず、月の予算をオーバーしないように使わないといけません。こんなことなら、健康で働けるときにもっとしっかり貯金しておけばよかったと、後悔することしきりです。

働けていたころは、社会保険の天引きが多いと文句を言っていたけど、今、こうしてその恩恵にあずかることができて、職場のストレスでうつ病になったのは不運だったけど、社会保険を支払っていてよかったと心から思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

障害年金、等級上がらないかなぁ

年末年始の大型連休の前後は、作業所の土曜日出勤が増えて正直しんどかった。木曜日はもうギリギリ寸前で、3時間粘った結果早退。だから、今日は徹底的に寝て過ごすと決めたのだけど、洗濯物やら何やら…良く見たらゴミも溜まっているし、そう寝てばかりもいられません。

そんなとき、考えるのが、(多分無理だろうけど)、

(障害年金の等級が上がらないかなぁ…)

でも、まあまあ、手を抜きつつ、しんどいといいつつ、一人暮らしが成り立っているから、無理な話なんだろうなぁ。

障害厚生年金3級だと、作業所の賃金と合わせて10万ちょっと。
無理してでも作業所に行かないと生活が赤字に転落してしまうから、ちょっとリフレッシュのために休みたくても休めないのです。一日4時間程度の勤務でこの調子だから、とても一般就労でフルタイム勤務は『無理』なんです。
(それでも派遣会社には登録していて、いまだ登録を外せずにいるのだけど。)

主治医に、フルタイム勤務できますかね?と尋ねたら、暗に「無理でしょ」と言われたんだから、だったら等級を上げて欲しい…それに実際、作業所に毎日来ていて、帰りに外食するくらい元気な人が2級の認定受けているなんて、やっぱり解せないものがあるのですよ。

私は仕事だけでいっぱいで、遊びに出かけたり、外食したりなんて余裕は殆どなくて、休日の殆どは引きこもっているのに、それでも、3級なんてなんだかちょっと不満に感じてしまいます。

でも、考えようによっては、2級だと常に等級が下がる心配をしないといけないし、一般就労も難しくなるという話。また障害年金の支給額は自立支援の上限額に関わってくるので、多少しんどくても今のままのほうがいいのかな、と思ってみたりしています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

発達障害で障害年金の受給が可能かどうかを相談。

私は障害厚生年金3級を受給していますが、病名は『うつ病』です。
申請した時は、うつ病がとても強かったので、間違いではないのですが、
あくまでこれは発達障害の二次障害部分で受給をしているので、出来るなら、『広汎性発達障害』で受給をしようと考えています。

まあ、受給できて、等級も変わらないなら、うつ病でも全く問題がないのですが…。
実際、うつ病の治療を受けているわけですし。

ただ今後、就労を考えた時など、やはり広汎性発達障害の方が実際の状態により近く、現実的に受給可能かどうかは別にして、都合がいいような気がするのです。

今年は、退職で始まり、荒れ模様の一年でしたが、本当にいろんなことを学びました。
特に作業所では、就労する上で大事なことを、たくさん学べたと思っています。

その一方で、私が就労するには、障害者枠であったとしても、かなり条件が限られてくることが、心理検査の結果や、発達障害の診断によって明らかになった…と、思っています。

一般企業の『障害者枠』というのは、支援がそれほど必要でなく、能力の比較的高い人が対象のように考えられます。もちろん、能力だけではないですが、それでも、ある程度仕事の効率が上げることのできる人でなければ、企業としても採用に二の足を踏むだろうと思います。

そうしたことを考えると、心理検査などの結果からして、私が(たとえ障害者枠であっても)採用対象になるのは、一般企業では難しいような気がするのです。

私が『広汎性発達障害』での障害年金の受給を考えるのは、そこにあるのです。

そのあたりを、今度、主治医と相談するつもりです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。