わたしのあした~発達障害とともに生きる うつとともに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦らないで、ゆっくりと。

うつになったばかりの3年前は、半年くらいで治るだろうと思っていました。
それが、引きずるように闘病は長引き、早くも4年目に入ろうとしています。

この3年間、早く社会復帰をと急いで職についたはいいけれど、
集中力や判断力、意欲の低下で思ったように仕事ができず、
失敗の連続で自信をなくしてしまい、負の経験をかさねた結果、
却って症状を悪化させていたように思います。

そのことにやっと気が付いたのは、本当に最近のことです。

うつのときは、焦ってはいけない。
けれど、何故か焦るのがうつ病の症状の特徴なのか、焦ってしまう。
だから、「もう何があっても焦るものか」というくらい覚悟を持って
焦らない気合を入れるくらいのほうが、
結果として早い寛解へと導いてくれるような気がします。

寛解しても、再発しやすいのがうつ病の厄介なところで、
油断しないで、できるだけ自分のペースを守りながら社会復帰をしていけると
理想的ですね。

だから私も、焦らないでゆったりと寛解を待とうと思います。
たとえ何年かかっても、私は寛解して社会復帰を果たそうと
密かに考えています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

うつには貧乏がついてくる

ネガティブなタイトルでごめんなさい。

心の風邪と言われ、何かと軽い病のようにおもわれがちな
うつ病ですが、私的には『心が骨折した状態』と言えると思います。

骨折した心は、まず気合いが入りません。
何かをしようとして、
心に力を入れようよすると、また折れそうになるのです。

また注意集中力も落ちます。
そのまま仕事をすれば、ミスにつながり、失敗して更に自信を無くすばかりです。

このような精神状態では、普通に仕事に就けません。

これはうつ病に限ったことではありませんが、精神を病むと、働くことが困難になり、
悲しいかな、貧乏がもれなくついてきます。

折れた心で、貧乏と戦うことにもなります。

さらに集中力が落ちるので、家計管理もままなりません。
その他の家事や身の回りのことも同じです。

そんな、気合なしの精神障害者の雇用枠は少なく
多くは激安賃金のB型作業所(授産施設)での就労になります。

特例子会社もあるところにはありますが、ニーズに対して数がすごく少ないです。

だけど、作業所に行こう、とそれくらい心に元気が湧いてきたら、
家計管理や、簡単な掃除など、
できそうなことから少しずつ、チャレンジしてみてもいいかもしれません。

もう一つの放置気まぐれブログに、こんな記事を書きました。
良かったら読んでみてください。

通帳を家計簿代わりにhttp://ameblo.jp/azuki045/entry-11955797613.html 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

リフレックス効果?

日曜日というのに、この時間で起きています。
現在、午前6時半をすぎたところ。

昔は、日曜日や休日はもっとのんびり寝ていたんですが、
最近はすっかり早起きになってしまいました。

その代わり、日中は眠くて寝てばかりなんです。
ついでに、空腹感も強いです。

これは眠前薬がレスリンからリフレックスに変更になって、
特に顕著になりました。

ほうっておけば、日中は眠気と空腹感だけで、
何かあったら食べたくなって、
そして寝てしまうので、下手すると体重増加しそうです。

体重の方は、それほど肥満が深刻ではないけれど、
糖尿病の家系なので、
できればあまり増やしたくないところです。
なので、過食傾向はあまりありがたくない効果です。

ただ、眠気と空腹さえなんとかすれば、気分的に活動的になりつつあるので、
ここで、作業所通いとか、今までやる気になれなかった家事を
こなすチャンスではあるような気がします。

とはいえ、なかなかそういう気になれず、つい空腹を忘れるために
寝てしまうことが多いのが現実なのですが…。

空腹感をコーヒーやお茶で誤魔化すこともしているのですが、
不思議なことに、お茶を飲んでもバナナを食べても、
もっと食べたくなるのですよ…自分でも怖いです。

結局寝てしまうわけなのですが、これも、今まであった疲労感を忘れるという
意味では、悪いことではなさそうなので、
しばらく、リフレックスの副作用と付き合っていきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

物欲コントロール

欝(うつ)のどん底から少し上がってくると、
気力が少しだけ湧いてきます。
けれど、それはいわゆる『治癒』ではなく、
あくまで回復するひとつの過程なので、油断は禁物です。

私の場合、どん底から少し回復すると、
だいたい物欲が起きてきます。

物欲が起きて、むしょうに買い物がしたくなります。

お金にゆとりがあれば多少は構わないのかもしれません。
でも、そうでないときの物欲は敵です。

『げん玉』というポイントサイトがあるのですが、
げん玉サイトを通してクレジットカードを作ったり、
生命保険などの資料を請求したり、
お買い物をすると、かなりポイントが溜まりますが、
そうでなければ、それほどポイントは溜まりません。

それどころが、中途半端な物欲が刺激されて、
「ポイントのためなら買い物も投資では?」
などという錯覚に陥る危険なサイトともいえます。

話が少しそれましたが、そんなわけで、
お金を稼ごうという積極的かつ好ましい行動の中にも
危険な誘惑が潜んでいたりするので、
特にうつ病で判断力が鈍っているときは注意が必要です。

特に大きな買い物などの決断は、
信頼できる人に相談してから決めるのがおすすめです。

そんなわけで、座椅子が欲しくても、思い留まっています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

うつ病とテレビの関係

皆さま、こんばんは。

昼型生活宣言をしておきながら、
昨夜は仕事を溜め込んでほぼ貫徹して
終わらせたので、昼ごろ睡眠薬を飲み、
今まで寝ていました。

実はまだ眠れそうな感じなのですが、
とりあえず今日はもう少し起きて
夜にまた眠るつもりです。

こうやって少しづつ、昼型にシフトチェンジしていけたら
いいなと考えています。

まさに千里の道も一歩から、ですね。

前置きが長くなっちゃいましたが、
私はうつ病になってから、殆どテレビを
観なくなりました。

理由は、民放の場合、バラエティ番組の
テンションについていけない、
いじめのシーンが辛くて観れない、
好きだった歌番組ですら、
うるさく感じてしまって観ることができなくなりました。

唯一観られたのは、NHKの番組でした。

もちろんNHKでも、番組によっては観られないものも
ありましたが、それでも民放のバラエティに比べたら
天と地の差です。

それで、改めてNHKってすごいと見直していたりします。

確かに、いきなりBSの受信料払ってといわれたときは
戸惑いましたが…。

前のアパートは、BSが観れる環境だったので、
それで払ってといわれたのですが、
BSは観てないと主張して、しぶしぶ帰られました。

私は仕事をしてるとき、殆どテレビを観ません。
集中力がさらに低下していて、テレビをつけるとどうしても
仕事に集中できなくなるからです。

だから、1日でテレビがついてる時間はすごく短いです。

最近は、うつがまた再燃しているので、
まだ民放は観られませんが、
特にそれで困ることはありません。

あるとしたら、テレビの話題についていけない
ことくらいでしょうか。

テレビが観れたら、相応に話題にはついていけるので、
雑談に加わることもできますが、しかしどうやら、
私と周囲の人の『面白い』の感覚がずれているようで、
たとえ観ていたとしても、かならずしも話題に加われないのが
寂しいかぎりです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。