わたしのあした~発達障害とともに生きる 原石は磨かなければ光らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原石は磨かなければ光らない

診断後WAIS3の言語性IQと動作性IQの差の大きさに落ち込んだ私は、それからうつ状態になり、眠れない、何もやりたくないしで、このままでは来月の勤務に響いてしまいそうだったので、朝一番にかかりつけの病院へ電話して、緊急で予約を入れてもらいました。

主治医に心理検査の結果と診断を報告したあと、動作性IQが低くて落ち込んでしまって、夜も眠れないですと話したら、「そんなに気にせんでもええよ」、という反応で、拍子抜けしてしまいました。

「そんなことよりも、検査結果をもとに自分の適性を探して合った仕事をみつけていくほうが大事でしょう?そのために検査を受けてきたんでしょう?」と。

それを聞いて、ここ数日眠れず悩んでいた私はなんだったのだろう?そう思いました。

心理検査の結果は、ある意味ありのままの自分で、言うならダイヤの原石みたいなもの。
だから…
その原石は、磨かなければ光を放たないのだ!

それに気が付いた私は、少しだけ、落ち込んでいたときより前に進みました。

もちろん、原石を磨く作業は簡単なことではないでしょう。
けれど、それをやらなくちゃ、自分自身を輝かせることは、できないでしょう。

とりあえず、睡眠薬を変更してもらって、受診終了。
次の受診時は、検査結果のコピーをもらおう、と思います。
そして発達障害支援センターに行きます。

自分自身を、その原石をみがくために。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。