わたしのあした~発達障害とともに生きる 百均の色鉛筆で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百均の色鉛筆で

もう2,3年くらいは前になるでしょうか。
まだ、介護士として頑張っていた頃、百均で色鉛筆を買いました。
でも、この色鉛筆は残念ながら、色鉛筆の役割を果たしてくれなかったのです。
そう、色が全く出ないのです。薄い色しか塗れなくて、買ったことをとても後悔しました。

私が中学2年の頃、夏休みに課題で描いたポスターを見て
「お前、美術のセンスあるぞ」といってくれた先生。
あの言葉が本当なら、たとえ百均の色鉛筆でも、今でも、何かを描くことができるかもしれないと
思っています。

でも、今の私は、たとえどんな高価な画材があっても、何を描いていいのか、わからなくなっています。
中学の頃、絵は天職だと思ったくらいなのに、不思議と今はさっぱり何も描きたいものが浮かんでこないのです。

魔女の宅急便の、主人公キキの友だちが、
「描きたいものが見つからないときは描かない、描きたくなるまで待つ。」
そういっていたように、私にも、心にゆとりができて、描きたいものが見つかるまで、
待ってみようと思います。


もしも本当に私に美術のセンスがあるなら、きっと今も自分の奥底に眠っていて、
それはなにかのきっかけで、再び目を覚ますことでしょう。

今年の秋は、紅葉の赤がとても美しいです。
百均の色鉛筆でも、何かを描く日が来るかもしれません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。