わたしのあした~発達障害とともに生きる 働くことは収入を得て生活していく手段だった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くことは収入を得て生活していく手段だった

みんなにとっては、もう既にあたりまえのことかもしれません。

でも私にとって、働くことは、生きがいややりがいといったことに直結するものだ、と考えていました。
だから、ちょっと何かで躓くと(大抵が人間関係)、すぐに仕事をやめてしまって、収入が途切れてしまいました。
自分の生活の収入のためならば、多少嫌なことがあっても我慢をしたり、周囲と折り合いをつけるという、社会人として当たり前のスキルが、私には大きく欠如していたようです。

もちろん、仕事は単に収入を得るだけの手段ではありません。そこに、自分のやりがいや、社会的な役割を果たすことで自己実現ができる、そういう場でもあります。

今までの私は、収入を得て生活することを抜かして、自己実現を果たすことのみに、強くこだわりがありました。

私はお金に困って借金をするまで、そのことに気が付くことができませんでした。

そういう意味で私は社会人として、私はもう一つ、成熟していなかったのです。

今は、生活のための収入を得るために、頑張って仕事をしています。
もちろん、自己実現は忘れていません、

これからも、こうして仕事をしていけたらいいなと思っています。

少しは私も、社会人として成長できたのでしょうか。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。