わたしのあした~発達障害とともに生きる ブログ頑張ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ頑張ってます。

更新回数も めっきり減って、
それに比例してランキングも
下がり気味ではありますが、
ブログ頑張ってます。

まあこのブログは、
負け組人生を突っ走る残念なブログとして
スタートして、
いまもずっとそういうコンセプトでやってます。

発達障害を持っていても、
早期療育でQOLの高い人生を
歩むことができるとか、
早期診断方法の進化は喜ばしい話で、
それはそれでとても良いことと思いますが、
やはり成人期になって診断されて、
二次障害を抱えた当事者もなんとかしてほしいです。

今私はB型作業所で、
時給約320円で働いてます。

当然これだけで自立した生活は 難しいです。

出来ることなら、ここからステップアップして、
自立の道を行きたいですが、それには多くの人の理解が
必要だと考えています。

発達障害者に対する合理的配慮も
進んできている兆しは感じるものの、
まだまだ届かない人が大勢いるのも事実です。

私が思うのは、特に未就労の当事者のQOLを
上げることにもっと重点が置かれる べきではないか、
ということです。

以前Twitterでアンケートを行ったところ
私の知る範囲で、約半数弱の当事者は未就労でした。

逆に言えば、半数の当事者は就労できているということで、
これは、合理的配慮や周囲の理解がそれなりに進んできたことの
証だと思います。)

しかしそれでも半数弱が 未就労の当事者です。

かくいう私も、A型作業所もB型作業所も続かなくて
作業所ジプシー状態です。

問題はこうした未就労の当事者を就労に導けば
QOLの向上に繋がるかと言えば必ずしもそうとはいいきれないことです。

発達障害は、その特性から社会で不適合を起こしやすい障害です。

つまり当事者の中には就労そのものがストレスである人も何割かは
存在しているということです。

合理的配慮で就労に導くのも大切なことですが、
そこから零れる当事者のQOLを向上させることも
同時進行で行われるべきだと思います。


そのためにも、残念なブログを頑張って書き続けたいとおもいます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一生懸命、生きようとし模索されているのが伝わってきます。
syarlyさんの影響で私も働かねばという思いになりました。
まだ作業所ですら働いたことがないのですが、B型の仕事も大変そうで不安です。
わたしもsyarlyさんと同じく仕事を起用にこなせるのが難しいところがありますので。
同県なのですが、A型B型作業所の仕事はどこで探しておられるのですか、そこから見つけることもできない不器用な自分が嫌になります。

同県民さんへ

コメントありがとうございます。

作業所の仕事は、A型とB型は雇用契約を結ぶかどうかで違います。

雇用契約を結ぶのがA型作業所、それに対して雇用契約を結ばないのがB型作業所です。

A型作業所は、ハローワークで紹介してもらえます。

B型作業所は、障害福祉課が窓口になっています。

いずれにしても、同県民さんの合ったところを、支援者さんや主治医と相談しながらみつけていってください。

無理なく続けられるところが見つかるといいですね。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。