わたしのあした~発達障害とともに生きる 生活保護は厳しい現実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護は厳しい現実

今日は夕方ケースワーカーさんがみえて、

生活保護も視野に入れて、

今後の生活について話し合いをしました。


結果として、

私は「週3〜4日、1日4〜5時間の勤務が可能」

となっているために、

生活保護を受けるよりも、

A型作業所に行く事を

勧められました。

正直なところ私は、

今のA型作業所に戻りたくはないです。

理由は

1,通勤時間の片道30分がきつい

2,人の中にいる事がストレスであり

プレッシャーになる


だからA型作業所を退職して、

失業保険を貰いながら

内職を探そうと思っています。


在宅の勤務なら、

通勤のストレスも、

人の中にいる事のストレスも、

ありませんからね。


今度作業所の人がみえるので、

思い切って話してみようと思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。