わたしのあした~発達障害とともに生きる 作業所行きたくない病

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業所行きたくない病

お金の悩みも尽きないし、
本当はこんなこといってる場合じゃないんだけどね。

私、今ちょっとしたスランプ?かもしれない。

あんなにA型に復帰したいと思っていたのに、
今は…というと、どちらかというと行きたくない…。

原因は、わかってる。

作業所の中で、一番頼りにされる存在になりたがってる事。

もちろん、最終的に一般就労か障害者枠での就労を目指すのだから、
今のA型で一番になっても、あまり意味がないのですが。

俗に一番病っていわれるんですけど、
発達障害の小学生くらいの頃に、よくみられる性質で、
普通なら成長とともに薄らいでいくものらしいんだけど。

けど、私の場合どういうわけだか、大人になった今でもその気が抜けない。

本当に困ったものです。

何でも一番、勝たないと気がすまない性質は、
持っていてもしんどいだけで、できるなら大人になるまでに
改善しておいたほうがいい性質でしょう。

私の場合、一番頼れる存在にならないと、
作業所にいる意味が無い、くらいに思っているから困ったものです。

作業所に行くのは、働いてお金を稼ぐためで、
一番になることじゃない。

何度も何度も、自分にそう言い聞かせても、ダメなときはダメ。

ここまでこだわるのは、過去のマイナス評価から、
いつか、私を馬鹿にした人たちを見返してやりたい、という、
潜在的な意識があるからかもしれません。

何が何でも一番になって見返してやるぞ!!!みたいな。

でもそれは、あくまで私個人の問題で、社会的に見れば、本当にちっぽけなことで、
大切なことはもっと他にあるんですよね。

とても馬鹿馬鹿しいかもしれないけど、これも私が向き合うべき問題。

カウンセリングで教えてもらった、人間関係のトラウマを和らげるプログラムを
一通りやってみたり、
カウンセラーさんと一緒に考えた
『作業所に通う心構えや目標』を書いてもらった文章を読みながら、
明日の月曜日を前に、どうにか作業所へ行くモチベーションを
上げようとしています。

そう。

1、お金を稼ぐために仕事にいく。
2、自分のために働く、幸せになるために働く。
3、評価を気にしない、人と比べない
4、人との距離を取る、みんなと仲良くしようと考えすぎない
5、1番を目指さない
6、リラックスする。10ではなく7~8くらいの力で取り組む

なんだか自分が、自分の決めた目標から逸れていきそうで怖いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。