わたしのあした~発達障害とともに生きる 職員さんとのコミュニケーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職員さんとのコミュニケーション

私は発達障害、コミュニケーションに障害があるせいか、
どうも、作業所の職員さんと話がズレていくような気がします。

つまりこちらの伝え方が適切でないのと、相手の受け止め方がこちらの意図するところが
微妙にずれていて、このままいくと行き違いや、最悪私が問題ある人とみなされて
また前のような終わりがやってくるような、嫌な予感がします。

昨日は検品をやってといわれたのですが、
どの程度のものをNG品として出すか説明がありませんでした。

実はこの作業は2度目の作業だったのですが、最初の時も説明がありませんでした。

それで、別の人からチェックがなってない、といったようなことを
口頭ではなく態度で示されてしまい、いやーな気分になったのでした。

その様子を見て、もうこの検品はやりたくないよなーと思ったのですが、
また昨日同じ検品がやってきて、またもや説明なし…。

そりゃ向こうにも理由はあるでしょう。

職員の人手不足とか。
1回はやってるんだから説明なんかなくてもわかるだろう、という思い込み。

でも、それって言い訳じゃないでしょうか。

結局私は、どれをOKにして、どれをNGにしていいやら判断に苦しんで、
パニックに近い状態になって座り込んでしまいました。

たぶん、私が「どれをNGにしてどれをOKにすればいいか判断を教えてください」
と言えば事なきをえたのでしょうが、半分ぱにくっていた私は、
その適切な言葉が出てきませんでした。

それで、○さん(私)はできないんだろう、と職員さんは判断したようで、
『別の作業にかえますね」といって違う作業を準備してもってきてくれました。

まぁ、正直やりたくない作業だったので、変わっても良かったんですが、
できないから別の作業、と判断されたのは若干不満が残りました。

だって職員さんは作業の説明をろくにしてないんですもの。

忙しそうにしてたので、ここは突っ込まれたくないとは思いますが。

説明さえあれば私でもできた作業なのに、それがなかったために
十分にこなせなかったことが地味にくやしくて。

しかも「この作業は○さん(私)には無理」と判断されたのが、最高に悔しかったです。

仕事を依頼するなら、仕事のやり方などを説明するのは職員さんの仕事ではないでしょうか。

それとも、ここの利用者さんは説明もなしに仕事がこなせる人たちばかりなんでしょうか。

もやもやして未だに納得できません。

花の金曜日ならぬ花の土曜日で今日も仕事ですが、今日も私は孤立させられて、
無難な作業を1日中させられるのでしょうか。

十分なコミュニケーションがなされないまま、問題児扱いされて孤立させられるということほど
悔しく、なさけないものはありません。

それくらいならいっそ休日にしてしまいたいところですが、前にも書いたとおり、
今月は病院通いや突然の電車遅延による遅刻が重なって規定の月80時間をクリアできてないので、
休むわけにはいきません。

というか、休んだところで理解されないなら休むことにも意味がありません。

今後A型作業所はそのあたりが厳しくなると聞いているので、やはり規定の時間は
クリアしておきたいところです。休むことで更なるマイナス評価を避けたいというのもあります。

そのためには、安定した気持ちで作業に取り組める環境が必要だと思っています。
そうでないと、コミュニケーションの齟齬から、私はまた同じことを繰り返してしまうでしょう。

職員さんやサビ管さんとよく話して、こちらの気持ちが通じるような話しあいの場が持てるといいのですが、
いかんせん、職員さんはいそがしくて、適当にこちらの話を流してしまえばお終いです。

そうならないためには、こちらの言葉選びや伝え方を考えないといけないわけです。

難しいです。下手するとまた文句をいってる、と思われかねないですから。

それを考えると下手に言うより黙っておいたほうがいいのか・・・悩ましいところです。

最後に、このようなとりとめのない長文を読んでくださりありがとうございました。

時間が持てれば、サビ管さんとも話し合いたいところです。
でも、いいくるめられないようにしたいです。そして文句を言ってると思われないように。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。