わたしのあした~発達障害とともに生きる A型作業所での面接

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A型作業所での面接

先日、A型作業所の面接にいってきました。
A型作業所というのは、就労継続支援A型事業所といいます。
最終的には一般就労できることが通所の目標です。

私が今まで通っていた就労支援B型事業所との違いは
雇用契約を結ぶか、結ばないかという違いがあります。

就労支援A型は雇用契約を結ぶため、雇用保険に加入でき、
一定期間努めれば失業給付を受けることもできます。

さて面接はといいますと、A型の場合雇用保険に加入するので、
その基準である週20時間の勤務は守らなければならない縛りが発生します。

早い話、週20時間勤務すればそれでまず第一段階はクリアです。

この点がクリアできるかどうかをも極めるのが、A型作業所の面接なんだと思いました。

私の場合、事業所が家から遠かったためこの点はすいぶん念押しされました。

履歴書を持参しますが、重点的に見ているのはやはり職歴欄でした。
辞めた理由も聞かれました。
しかし履歴書の職歴欄が足りなくて記入できず、
短期間で辞めた職歴を記入しなかったために一部の期間が空白になっているのですが、
この点について突っ込まれることがなくてよかったです。

病気や障害についてはいくつか尋ねられるので、前もってまとめておいて、
配慮が必要な点については事前に伝えておくほうがベターですが、
面倒くさい人と思われると印象がマイナスになりかねないので、
ほどほどに、必要最小限に留めたほうが無難かもしれません。

私がこの面接で感じたのは、常に病気や障害の配慮をしてもらえるとは限らない。
ましてやA型の事業所は相応の収益をあげなければならない点で、
一般企業とほぼ同じと考えたほうがいいでしょう。

特に休むことに関しては、雇用保険加入基準の週20時間が守れないと厳しいことは
肝に銘じていたほうがいいでしょう。
難しく考えるより、とりあえず出勤できればそれでいいんです。

気楽にいこうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。