わたしのあした~発達障害とともに生きる やりがいのある作業所は設立不可能なのだろうか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりがいのある作業所は設立不可能なのだろうか。

相変わらず、作業所に行きたくなくてくすぶっています。
明日は月曜日…。日曜日のこの時間で行くことを考えただけで憂鬱になってしまいます。

理由は、今まで再三書いてきましたが、B型作業所の賃金の低さ。
これは本当にモチベーション下がる一方で、毎日きっちり通所してみえる方をみるにつけ、
何がそうさせているのだろうかといつも思います。
もちろん、人それぞれの事情があるのだろうとは思いますが。

B型の賃金が、最低賃金いかないのは仕方ないにせよ、
もうちょっと何とかならないのだろうかと考えてしまいます。
しかし、B型作業所が訓練施設という制度上、
個人がどうこういっても仕方ないのだろうとは思うのですが。

けれど、作業所の運営にも、疑問を感じます。

まず利用者さん。一部の(職員のお気に入り)利用者を除いて、
殆ど生き生きとしていません。
みんな、どこか諦めと妥協と、惰性に流されているように見えてしまいます。

やはり、利用者さんあっての作業所ではないのでしょうか。
半数以上の利用者さんが生き生きして仕事ができないのは、やはり問題だと思うのです。

でも、1時間100円にならない仕事にやりがいを求めるのは難しいかもしれません。

せめて、A型作業所ほどではなくても、B型でもそれに近い賃金が支払われないものでしょうか。

このことは、私のような、いち弱者の立場の人間がここで声をあげても仕方ないのかもしれません。

B型作業所は訓練施設だから仕方ないと言われればそれまでです。

そんなに言うならA型作業所に移ればいいではないかという意見もごもっともです。

でも、中にはB型作業所しか選択できない障害者の方がいらっしゃるのは事実です。

障害があっても、働き甲斐ややりがいのある仕事で社会参加できる時代がいつか来てほしい。

そう願ってやみません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。