わたしのあした~発達障害とともに生きる 次なる道を模索しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次なる道を模索しています。

失業中で時間も有り余ってるので、近況報告がてら、
ちょっとマメにブログの更新をしようかと思います。

私は今、既にB型作業所の仕事にも挫折し、次なる道を模索しています。

次なる道…考えられるのは、もう一度A型作業所に復帰をすること。
もう一つは、就労移行支援事業所に1年くらい通い、運良ければ障害者枠の雇用を狙うか。

現段階での、主治医の意見書が、
『1日4~5時間、週5日程度の勤務であれば可能』となっているので、
これだと現段階ではA型作業所が無理ないのかなと考えています。

(クローズで短時間アルバイト、という手もありますがあまりにも冒険すぎるので)

因みに、A型作業所とは正確には、就労継続支援A型事業所、
B型作業所は、就労継続支援B型事業所といいます。

A型、B型の違いは、A型が雇用契約を結ぶのに対し、B型は雇用ではなく、あくまで、
社会復帰のための訓練的な場と考えることが妥当でしょう。

A型は雇用契約を結ぶ関係上、雇用保険に加入できるため、
退職後は在籍期間のお給料に応じた失業給付を
受けることが出来ますが、B型は雇用契約ではないため、そういった保障はありません。

賃金ですが、A型の場合は最低賃金が運用されますが、
B型だとほとんどの事業所は時給100円未満、一ヶ月トータルの収入はよくて1万円というのが一般的です。

話を元に戻しますね。
就労継続支援A型事業所、就労継続支援B型事業所の
中間的な位置づけで、就労移行支援事業所があります。

障害者枠などで一般企業に就労をするためのスキルアップや、履歴書の書き方などのフォローがあったり、
場合によっては、面接同行をしてもらえたりするようです。

つい、焦って就職を決めてしまいがちな私は、
失業給付を受けられる360日間は、就労移行支援事業所に通うほうがいいかなと
思ったのですが、相談支援の担当者に相談しても明確な回答が得られず。
なのでまずはA型作業所を、通える範囲で見学をして、それでここだという作業所が見つからなかったら、
就労移行事業所に通うことを視野に入れています。

いずれにせよ、今在籍中のB型作業所を辞めないと次のステップには進めないのですが。

私がB型作業所に挫折したのは、まず仕事の単調さに参りました。
とにかく作業をしている時間がすごく長く感じられて。

休憩時間も、午前15分、午後15分、お昼休みが1時間と、私にとって長すぎて暇を持て余し、
変な疲労感が残るのも原因の一つでした。

そもそも雑談が苦手で、雑談に講じながら作業の手を動かすのも困難だったので、
余計に単調な仕事が苦痛でした。
休憩時間の長さも然りで、一人になってくつろげる空間がなければ、
不必要に長い休憩時間が休憩にならなかったことが原因だったと考えています。

いずれにしても失敗は成功の母なので、これを教訓に次に活かしたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。