わたしのあした~発達障害とともに生きる いい本ですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい本ですよ。

昨日は定期の受診の日で、時間に少しゆとりがあったので、本屋さんに立ち寄り、前から読みたかった、「ボクの彼女は発達障害」を、読んできました。
とはいえ、立ち読みだし、しかも時間の都合で読めるのは、漫画の部分だけでした。
でも、十分それだけでも楽しめる内容でした。

あまり内容を書いてしまうと、ネタばれになってしまうので、漫画に描かれている発達障害の彼女「あお」さんの様子を見ながら、あおさんほどではないけれど、私にも共通点があり、またそれを見守るくらげさんの視点の暖かさも加わって、とても良い感じの本でした。

私は、体をしめつける服が苦手です。今流行の、スキニーっていうのでしょうか?あのジーパン?がはけません。今年の春夏あたりから流行してみんなはいていましたが、自分はとてもはけそうになく、買っていません。ずっと、今まで慣れ親しんだ服装をしています。

思えば私も、どこに出かけるにも、特別な場所でない限り、着る洋服がわりと決まっています。
私の場合、新しい服を買う経済的なゆとりがない、ということもありますが、新しい洋服を買っても、そのままクローゼットに眠ったまま、ということも多々です。理由はよくわからないんですが、一番の理由は安心感でしょうか。もちろん着心地など好みもあるのかもしれませんが、やっぱり、安心感が一番のような気がします。

私は自宅用と外出用で着る服を分けていますが、家にいるときはジャージやスェットスーツです。仕事やどこか外出に出かける時は、比較的締め付け感のないジーパンやパンツをはいていますが、家に帰ったらさっさとジャージに着替えます。一時「干物女」という言葉が流行りましたけど、家に帰ったら干物女を地で行っています。

そういえば、若い頃にはボディコン(お若い方はあまりご存知ないかも)という、体にピタッとしたような服が流行りましたがあんなキツキツの服で一日の大半を過ごすなんて信じられなかったです。

ネタばれを避けるためとはいえ、自分の話ばかりしてごめんなさい。
それと、立ち読みでごめんなさい。でも、いい本でしたよ。
「ボクの彼女は発達障害」、本屋さんでみかけたら是非手にとってみてくださいね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。