わたしのあした~発達障害とともに生きる 収入が少なくても楽しく暮らす方法を探る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収入が少なくても楽しく暮らす方法を探る

睡眠薬が朝まで残るのでしょうか。午前中は眠くて調子がでません。

コーヒーを飲むと目が覚めるような気がして、朝一番でコーヒーを沸かして
飲むのですが、あまり効果がありません。

それでもぼんやりとコーヒーを飲みながら、節約ブログに足を運ぶのが朝の私の日課です。
そのわけは、いかに『少ない収入でも楽しく暮らせるか?』これを探るためです。

読んで参考になるかどうかは微妙で、これは『少ない収入で楽しく暮らす実践』よりも、
大半は気持ちの持ちようではないかと思う次第です。

少ない収入でも楽しく過ごそうとすればそれをプラスに受け止めれば良いわけで、
そうすれば、少ない収入でも楽しく過ごせるようです。

貧乏な生活というとマイナスイメージしかありませんが、
シンプルですっきりした暮らしをしている、と考えるとモチベーションが上がりますよね。
ちょっとした自分のアイデンティティにもなりそうです。

どれだけ収入が少なくても、楽しく過ごすためには必須の条件はあるようです。
それは『自分のおこづかい』を確保することのです。

もちろん収入が少なければおこづかいも少額になりますが、
何といってもこれがゆとりになり、楽しみ、やる気モチベーションアップに繋がっていくようです。

問題はその金額ではなく、おこづかいという枠を設定することにあるようです。
少額でもそれを貯金に回せば、何ヶ月に1度でもちょっとした贅沢を楽しむことができます。

節約をしようとするときに真っ先に削られるといわれる食費。
極端に言えば、特売のインスタントラーメンを3食食べるようにすれば、
食費は月数1000円で済ませることができます。

栄養面や、毎食だと飽きるとか、食事としての満足感はこの際度外視です。

ただひたすらお小遣いを増やしたい、貯蓄を増やしたいという目的にはこたえてくれそうです。

なので、少しくらい食べることを楽しみたいという人はわざわざ真似する必要は無いでしょう。
食費の削減とともに、栄養面・健康面でいろいろ問題が起きそうな気がします。

何にいくら使うかはその人の価値観が大きく左右するものなのですから。

そんなわけで、いつもこれといった結論は出ないのですが、
これからも節約ブログを参考にしつつ、
自分なりに少ない収入で楽しむ方法を模索しようと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。