わたしのあした~発達障害とともに生きる 理解ない支援

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理解ない支援

昨年末から、ヘルパーさんが家事のヘルプを手伝っていただけるようになりました。
具体的には、買い物、調理、掃除を、週2回、それぞれ1.5時間のサービス、月の支給量は20時間です。

それから2ヶ月ほどたちましたが、生活が楽になったかどうか、とても微妙なところです。

ヘルプでお願いできるのは、買い物だけで、調理のメニューを決め、買い物メモを作るのは私の役割です。

うちは新聞をとってないのでチラシを入手できないし、
また作るメニューを決めるのも私にとっては大きなプレッシャーです。

そんなわけで、ヘルパーさんの訪問日がプレシャーになっています。

とくに火曜日のヘルプは調理と買い物なので、買い物メモを作るのに頭を痛めています。

メニューを決めるにも、クックパッドを検索するもわけがわからなくなって混乱します。

これなら、お弁当を買ってきてもらったほうが楽です。
(でも調理する関係上これでは都合が悪いのですが)

ヘルパーさんの多くは、発達障害の知識はほぼ無いといって間違いないでしょう。

だから仕方ないとはいえ、現状ではヘルプの日がプレッシャーになり、気が重たくなってしまいます。

買い物ヘルプは週1なので、火曜日のヘルプで金曜日の調理のメニューまで考えなければいけなくて苦痛です。

どう頑張っても、莫大な情報量のクックパッドを見てやっと1メニューを決めるのが精一杯。

なので、最近はとりあえず1品決めて、あとは残り物で出来るメニューを考えるような流れにしています。

申し訳ないですがこれが私の精一杯です。

このままでは精神的プレッシャーが大きく、ヘルプサービスを断りたい気持ちになっているのも事実です。

現状がこのようなので、メニューを決める時間を余分に取ることも検討していますが、
これもヘルパーさんの力量に左右されるので微妙なところです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。