わたしのあした~発達障害とともに生きる 散らからないポイント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散らからないポイント

発達障害の人の中には、整理・整頓が苦手という人は多いだろうと思います。
実は私も整理整頓は苦手です。でも、部屋は散らかって見えません。

それは何故でしょう。

答えは簡単。単にモノが圧倒的に少ないせいだと思います。

服も、雑貨も、なにもかもが必要最小限に抑えられています。

欲しい!必要かも?と思うことがあっても、良く考えて、
「本当に必要なの?」と自問自答します。
それから、「もしもコレを買ったとしたらどこへ置く?」と考えてみます。

それで適当な置き場所がなかったら諦めます。

服などは、油断をするとすぐ増えてしまいそうですが、
これも、「どこへしまう?収納場所を増やせそう?」
これを考えると、「ま、いっか。今回はやめておこう」となり、
そのまま自然に忘れ去ることが殆どです。

そんなわけで持ち服も少なく衣替えも楽々です。

それでも、一応スーツはあるし、
いざという時の服もきちんと確保してあります。
幸いにして滅多に着ないので、傷むこともありません。

もちろん、服を集めるのが趣味の人などは、これでは満足できないかもしれませんが。

ただ、一時流行した『断捨離』を実行すると、意外と早く片付くかもしれません。
モノが減れば、それだけ整理整頓は格段に楽になります。

私も、部屋のモノは少ないけど、引き出しの中など見えないところは
モノでゴチャゴチャしてるところもあります。

また私が机で仕事を始めると、書類で机が散らかります。

私も、実は整理整頓は下手なのです。でも散らからないのは、
ひとえにモノが少ないせいだと思っています。

よくいわれることですが、片付けることは、まず不要なものを捨てることから。
モノの要・不要をセレクトすることからはじめるといいと言われます。

ところが、発達障害の人は捨てる基準がわからず、この時点で躓いてしまうようです。

要・不要を判断するときは、『使う』『使わない』を基準にして絞るといいかもしれません。
1人でやるのが大変なら、だれかに手伝ってもらうといいかもしれません。

かくいう私は、捨てる段階でよく失敗します。
必要なものまで捨ててしまってえらい事になることがしばしばあります。
恐らく私も、だれかに手伝ってもらったほうがいいのだろうと思っています。

なので最近は、『必要なもの』を100均のかごやポーチにまとめてしまうということをよくしています。

書類系は、必要なものは種別に分けて100均ファイルにファイリングしています。
これで、必要なものがなくなる、ということが随分減りました。

散らからないポイントは、
『使ったら早めに所定場所にしまう』、『要・不要の判断をし、不要なものは捨てる』、『モノを減らす』
だと思うのですが、これのどれかに苦手さがあると、どうしても散らかり傾向になってしまうでしょう。

自分のどの工程に苦手さがあるかを知ると、効率的に片付けができるかもしれません。
自分の特性を知っておくと、支援者さんに手伝ってもらうときにも効果的ですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。