わたしのあした~発達障害とともに生きる 真面目に生き方を考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真面目に生き方を考える

ほんの数ヶ月前にはじめたライターの仕事を、
また辞めようかと考え始めています。

ライターとはいえ、本当に端くれの端くれだし、
なによりそれで生活できてるわけじゃない。

結構、ライターの仕事って孤独で横の繋がりあんまりないし、
正直、とても孤独な作業なのです。

ただ、それが発達障害の自分には合ってる、とは思うけど。

でも、毎日誰とも話さず、何処にも出かけず、
ひたすらライティングしてるってやっぱり健康的と思えないし、
将来ずっとこれが続くのだと思うと、いろいろ考えるのね。

マルチタスクは苦手だから、他の仕事との両立は難しい…。

そう考えると、ライターは趣味に留めたほうがいいんじゃない?

そんなささやきが、耳元で聞こえます。

だから今、それで真剣に悩んでいるんです。

ライターの仕事はきっぱり諦めて、作業所に通い、社会復帰を目指す。

そうすれば、短時間アルバイトの仕事もできるようになるかもしれない。

人とのつながりも持てる…でも、あくまでこれは仕事上の繋がりだけどね。

それでも誰とも関わらないよりも、
(厳密に言えば、ライターも人と関わりを持ちますが)
人生にプラスになることが多いんじゃないか、
そんなふうに考えたのです。

ただ人付き合いも、腹心の友とまでいかなくても、
心の底からいい人だと思える出会いがないとダメ。

でないと、続かないです。

ネット上でも、いい人と思える人となら、さあ、リアルで会いましょう、って話になる。
ただその付き合いが、リアルになった途端、切れてしまうというのはよくある話。

だから結論としては、どちらも同じで、
ネットの場合、文章でのお付き合いがメインだから、
実際に会ったときのギャップがあって、それを超えてお付き合いできるかどうか?
そのあたりにかかってくるから、やっぱり、
リアルでお知り合いを見つけたほうが早いのかな、とも思えてくる。

それに何より、作業所に通っていれば、社会復帰がより現実的となって、
運よく社会復帰できたときのメリットは大きいものがあります。

ふたつを両立できるばそれが一番よいのだけど、
前述のように、マルチに物事をこなせない特性上、それは難しいんですよね。

だからどちらかを選択したら、片方は捨てることになる。

迷います、悩みます。どちらが自分にとって良いのか。

私の場合、高校卒業したばかりで就職して、人生失敗してきているから、
またそれをなぞって上手くいくのか?という疑問は残ります。

ただ高校卒業の時は発達障害がわからず、何のサポートも支援もなかった。

そのことを考えると、発達障害が分かった今は上手くいくんじゃないか?
そんな希望的憶測を持ってしまいます。

けれど実際は、社会の発達障害の理解はあまりに乏しいです。
(だから理解してくださいとは言いませんが…)
『個によって違う障害』『見えない障害』への理解が進まない限り、
支援もサポートもそんなに期待できません。

そんな現状の中でどう生きるか?それは多くの当事者たちも悩んでいるところだと思います。

そんなわけで、連休の最終日は作業所とライター仕事、どっちを選ぶか?
これについて考えることにします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。