わたしのあした~発達障害とともに生きる 私にとって、発達障害で生きるということ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にとって、発達障害で生きるということ

皆さま、こんばんは。

今日はB型作業所へ体験行ってきました。
それで帰宅して夕方まで昼寝してしまいました。
おかげで在宅ワークがすっかりたまっていて、
ブログ書いてるどころじゃないだろうって
自分に突っ込み入れてます。

在宅ワークやって、
B型作業所いって、感じるのは、
やっぱり発達障害があると何かとハンディがあるな、
ということ。

定型者は、発達障害者が困難に感じている部分を
わりとすらりとやっている(ように見える)から、
やっぱり、それを目前で見せ付けられると
損だなーと、マイナス方向ばっかり見てしまって、
これが鬱々の元になるから改めなきゃなのですが。

時間があんまりないから、今日はちょっと端折るけど、
私にとって、発達障害を抱えて生きるということは、
常に、同じくらいの能力の定型の人に比べると、
ダメだダメだと考えてしまう自分と、
常に向き合い、戦うっていうことなのです。

戦うというと大袈裟だけど、
私にとっては、まさにいつも自分との戦い。

考えてみたら、定型者だって個々に能力の違いはあるし、
定型だから成功してるわけでもないけれども、
そこらへんを納得していても、
発達障害だから損をしてると考える自分がいつもいる。

その自分といつも戦っている。

私が発達障害を抱えて生きるということは、
基本的にそういうことです。

もちろん、発達障害の人もそれぞれだから、
発達障害だからみんなが私と同じだとは言いませんし、
いえないと思っています。

それぞれ戦う相手や向き合うものは違えど、
みんななにかしら、そういうものを持ちながら
生きているんじゃないかと思います。

さて、今日は仕事も悲しいくらいたまってるし、
ブログはこのあたりにして、
『修羅場』に向かおうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。