わたしのあした~発達障害とともに生きる 空気を読むお国柄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気を読むお国柄

皆さま、おはようございます。
ここのところ毎日ブログを更新しています。
単に時間があるのと、
なんとなく書きたい気分があるからなんですが。

今日も早朝から仕事しながらふと考えたのだけど、
日本人は、他の国に比べて
いわゆる空気を読むことを
重要視する傾向が強いお国柄なんですね。

例えば、諸外国に比べて
日本のレストランやホテルは
サービスの質が格段にいいという話を
よく耳にします。

代表的なのが、
チェーン店のマニュアルでしょう。

いわゆる格安チェーン店のほうが、
こだわりの料理店よりも、
安くてサービスが良くて、受けがいいというのは、
日本人の国民性を如実に表している事実だと
思います。

逆に言うと、料理はそこそこで、
サービスが良いお店のほうが、
口コミサイトの評価が高かったりします。

日本人が重要視するのは、
技術よりもサービス。
しかも、かゆいところに手が届く、
自分がちょうどいいというタイミングで
料理が運ばれてくる。

いわゆる、お客の空気を読むのが上手いお店が
評判の高いお店になるのです。

だから日本で行列ができるようなお店は、
料理も最高レベルで、しかも
サービスも最高といったような、
かなりハイレベルなお店ということになります。

こんなお国柄ですから、
空気を読むのがあまり得意でない
発達障害の人が生き辛さを感じてしまうのでしょう。

私は間違っても
たとえ短時間アルバイトでも、
接客業種に就こうとは思いません。

空気を読むのに失敗して、
怒られるのが目に見えているからです。

料理を出すタイミング、
お皿を下げるタイミング、
お客さまに声をかけるタイミング。

この、どれを外しても
サービスが行き届いていない、と
不満を訴えられてしまいます。

どれも、いわゆる空気を読むという、
コミュニケーション能力が必要なことです。

しかも全体の流れを総合的に
しっかり把握しなければいけません。

ただ、チェーン店なら接客マニュアルがあるので、
それで何とかなるかもしれませんが、
いま一つ自信がないので、手を出すことはないと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。