わたしのあした~発達障害とともに生きる ペット、飼いたいけどね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット、飼いたいけどね。

皆さま、おはようございます。

きっぱり作業所もパスして、
フリーランスの道を歩いてみようか、
それとも、しばらくしたらまた作業所に通うか
あれこれ考えあぐねています。

ところで、某タレントさんの
ツイッターが炎上してるという話を聞きました。

詳しい事情はよくわからないんだけど、
何やら、猫を保健所に連れていこうとした人に
対して
そんなの絶対ダメ!
と、某愛猫家タレントさんがリプライしたことから、
炎上したらしいんだけど。

その事件については良く知らないから、
それは置いて。

私が思うに、ペットを飼うって、
ただ可愛いからとか、
癒しになるからとか、
そういう事情だけで飼えるものじゃないと
思うのです。

そもそも、団地住まいの私は
ペットは飼えないし、だから余計に
ペット飼いたいって気持ちになってしまうけど。

でも、実際飼うとなったら、
まずペットOKのマンションかアパートに
引越しするところから始めないといけません。

実際、ペットOKの物件は
敷金高いし、引越し費用だってバカになりません。

今は貧乏フリーランスの私は
保健所へつれて行かれる猫を
飼ってあげることはできません。

でも、そのまま放置すれば、
繁殖してどんどん増えるし、
そうなると、保健所に連れていかれる猫の数も
増えちゃうことになるんですよね。

そうなる前に、自分は飼えないから
保健所に連れていくっていうのも、
確かに可愛そうなんだけど、
それも方法としてアリなのかなと
貧乏フリーランスとしては考えるのですよ。

私は飼うこともできないし、
かといって、
保健所に連れていく勇気も持てないから、
偉そうに言える立場じゃないけど。

けれど、探せば、里親探しをしてる団体もあるし、
殺処分を減らそうという運動をしてる人たちも
いるんですよね。

だから、いきなり、
可愛そうだからダメ!
じゃなくて、
保健所だけじゃなくて、里親探しの団体もあるよとか、
そういう言い方にすれば、
炎上するほどにはならなかったと思うのですよ。

ペットを飼えば、外出も制限されるし、
人間と同じように、病気になっても
健康保険が使えないから医療費だって
かなりの額になると聞くし、
そうなると、私がペットを飼いたくなったら
せいぜい猫カフェとか行って
癒されに行くしかないかなぁって思うのですよ。

だいいち、人間一人の面倒も
見かねてるのが現状だからさ。

私に飼われたペットが可愛そうな思いをするのは
明確だもの。

だから思うのです。
癒されたいとか、ただ可愛いから飼うのだけは
絶対やめたほうがいい、って。

飼うなら、一生面倒を見る、
癒しのための投資は惜しまない。
それくらいの覚悟を持って飼わなくちゃ、
ダメだってこと。

逆にその覚悟が持てないのに
安直に可愛そうという気持ちだけで飼うと
こんなはずじゃなかった、
ってことになって、結局可愛そうな運命を
辿ることになってしまいますからね。

後、一つ思うのは、
ペット連れOKの施設が
もっと増えるといいのにっていうこと。

介助犬や盲導犬は、その役割から
同行できる施設も多いけど、
ペットとなると同じ犬なのにダメ!って施設を
結構見かけます。

恐らく、これは多くのペットを飼う人の
マナーの問題じゃないかと思うのですよ。

盲導犬や補助犬は、
しつけが徹底してるから、
殆ど人間と同じようなマナーも守れるし、
人の言うことも聞きますから。

ペットを外に連れて行くなら、どうしても
人間のルールに納まるようにしないと、
連れていくことは難しいかもしれません。

元々、人の言うことを聞きやすい性分の子なら、
連れていきやすいけど、
そうでないとなかなか出れないのが
現状かもしれない。
けれど、
個人的に思うのは、
人間が何とかできることは
ペットを飼う以上、最小限やってね、と
思うことはあります。

それは、散歩中の排泄物の後始末です。

ペットはどんなにお利口さんでも、
自分で排泄の処理を、人間と同じようには
できませんから。

そこは、飼い主がきちんとしてあげる部分ですね。

結論は、つまるところ、
人の心がけ一つってことになってしまうのだけど。

さて、今は貧乏フリーランスの私は
今日1日を有意義に過ごせるよう、
頑張っていくとします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。