わたしのあした~発達障害とともに生きる カミングアウトしても・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミングアウトしても・・・

私は、今の作業所では、発達障害をオープンにして就労しています。

就労継続支援A型事業所(A型作業所)は、元々障害者のための雇用枠の一つの形です。
ですから、障害をオープンにして就労することが必然的に可能になります。

私は、今の作業所に通うようになってから診断を受けましたが、診断前から発達障害ではないかと99%確信していたので、障害名は出さず、自分の特性を簡単にまとめた、いわゆる、『自分取り扱い説明書』を提出しました。

その後確定診断を受けたのですが、それを主任に伝えても、障害に対する配慮は、殆どありません。

他の障害の人もいるので、発達障害だけに配慮するというわけにはいかないのでしょう。

障害者雇用でもこの状態なので、障害に配慮された職場を探すとしたら、いわゆる特例子会社あたりになるのでしょうか。私は、特例子会社の求人は見たことがないので、実情はわかりませんが…。

ただ、どんな就労形態であっても、支援や配慮に期待しすぎると、それを裏切られた時のショックが大きいと思います。

期待はし過ぎないに越したことはないと思います。

それよりも、周囲の人とトラブルを起こさないことのほうがよほど大事なように思えるし、実際、今の作業所の所長からも、そのように言われました。

悲しいかな、これが、発達障害者をとりまく現実で、そこを受け入れられないと、どんな就労形態で就労しても、継続するのは難しいと思います。

ただ、もしも可能であるなら、カミングアウトと同時に、自分取り扱い説明書を作成することをお勧めします。

一人で作成できなければ、身近な支援者さんに相談するといいと思います。
発達障害支援センターに、まず相談すると良いでしょう。。
各地の発達障害支援センターは→こちらから調べることができます。

全国の発達障害支援センター・相談窓口の情報

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。