わたしのあした~発達障害とともに生きる 発達障害と障害年金(3)発達障害で受給できる?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害と障害年金(3)発達障害で受給できる?

障害年金の受給には、年金加入要件や、初診日の確認などのいくつかの条件がありますが、一番重要なのは、
1、 傷病が受給対象であるか?
2、 その傷病による障害の程度が、受給認定される程度のものであるかどうか?

ということになります。

これらの要件を満たせば、初診日に国民年金に加入していた場合、障害基礎年金、
厚生年金に加入していた場合は、障害厚生年金を、その障害の程度に応じて、受給できることになります。

障害基礎年金の場合はその障害の程度に応じて、1級または2級、障害厚生年金の場合は1級~3級に認定されることになります。

この等級認定の基準になるのが
1、 労働能力の程度
2、 日常生活の能力の程度

ですが、これらは医師による診断書により、ほぼ決定されるようです。端的に言うと、
医師の診断書で9割がた、障害等級が決まるといっていいようです。
これに関しては詳しく書かれたサイトがありますので、こちらを参考にしてください。
http://plaza.rakuten.co.jp/pswpswday/2000/

つまり、障害年金が支給されるには、
1、2級相当 就労不可であり、予後不良または不明、本人の一人暮らしを想定した上で、日常生活には何らかの援助が必要
2、3級相当(障害厚生年金のみ)就労制限(作業所に通所できる程度)予後不良または不明、同じく一人暮らしを想定した上で日常生活には何らかの援助が必要

※ 援助とは、介助という意味合いのみではなく、助言等も含まれます。

ですから、発達障害のみで障害年金が受給できるかどうかは、発達障害により、これらの程度にあてはまるかどうかによると考えます。

発達障害があっても、日常生活が普通にできて、フルタイムの仕事が普通にこなせている場合、受給は難しいと、私は考えます。
ただ、仕事をしていても、短時間労働であったり、職場で相応の配慮の上で仕事をしている場合、障害年金の受給対象になる可能性はあります。

障害年金の認定審査は、かなり厳しいです。
同じ2級でも、障害厚生年金のほうが、審査は厳しいそうです。

また障害年金は、それだけで生活できる金額ではありません。私は、障害厚生年金3級を受給、A型作業所に通所していますが、このブログに再三書いている通り、節約に頭を悩ませています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

3級ですが現に働いていなければ作業所に通所できる状態より軽くてももらえると思います。
私は診断書に訓練ののち適正によく配慮された環境での就労は可能とされていますが厚生三級です。

tdさんへ。

コメントありがとうございます。
厚生三級は、就労に制限を与える事を必要とする、ということが要件なので、作業所通所はもちろん、仰る通り、適正によく配慮された環境での就労可、でも大丈夫と思います。
私も、パート等の就労なら可能とされましたが、同じく厚生三級です。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。