わたしのあした~発達障害とともに生きる 安全場所の確保

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全場所の確保

私は、実はざわざわした場所というのがとても苦手だということが、診断を受けてから半年ちょっと経過した今頃になって、わかりました。

思い出せば専業主婦の頃から、スーパーへ買い物に行くのは、大抵、すいている時間帯でした。

子どもたちが小さかった頃はそのほうが都合よかったし、なにより自分が自然に、居心地の良い環境を本能的に選んでいたのかもしれません。

今、一人暮らしですが、スーパーは相変わらず苦手で、殆どの日常必要品をネットスーパーで購入しています。

先日、カウンセリングで、安全場所を確保するという話があったので、作業所の中で、一人で静かになれる場所で、休憩時間を過ごすようにしてみました。

作業所には突然大声で怒鳴りだす人がいるのですが、私は以前その人に怒鳴られたこともあり、いつ、怒鳴りだすか怖くて傍にも寄れないのです。

自分に対して怒られなくても、怒鳴り声を聞くと、まるで自分が怒鳴られているように感じてしまうのです。

耳栓を使えるといいのですが、作業所では、耳栓の使用は許可してもらえませんでした。
恐らく、耳栓があるだけで、かなりストレスが軽減されると思われるのですが…聴覚障害の人が補聴器を使うのは当然許可されますが、発達障害の聴覚過敏の対応のための耳栓使用は、許可がおりないのです。残念ですが、仕方ありません。あまり強く要求すると、わがままだ、と思われてしまいますから、ダメといわれたことは、諦めるしかありません。

そうでなくても、私はわがままで扱いにくい人と思われている感がなきにしもあらずで、その印象をより強くするような行動は、極力避けるほうが無難だと、私は考えています。

だから、現状のままでできることで、ストレスを軽減して、作業に集中できるように自分で工夫していかなければいけないのです。

そういうことから、静かで一人になれる場所を確保したのです。
そのお陰か、安心して仕事に取り組むことができました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。