わたしのあした~発達障害とともに生きる こだわりを捨てるのは、案外難しかった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわりを捨てるのは、案外難しかった

この社会では、こだわりがあると邪魔なことも多いから、こだわりは捨てようと決心したのだけど、実行するのは難しいです。

この社会では、仕事でも何でもみんなでやって、その成果を共有する喜びがあるらしいけれど、私には、いま一つその感覚はわかりません。

それを、頭で理解することはできても。

それが自分の達成感に繋がって、自分も頑張ったからこの仕事を終えることができた、という心持ちには、なかなかなれなくて、悩んでしまうのです。

やがて悩みは苦悩に変わり、それが出来ないなら仕事に行く資格がないじゃないかとさえ思い始めてしまいます。

そこへ持ってきて、毎日出勤することが大事なことだ、と言われると、更に悩ましくなります。
ちょっとした混乱が、心の中で起こります。

出勤するということは、文句も不満も言わず、与えられた仕事をする、ということも含まれるようです。

ただ、作業所には、いろんな人がいて、それがストレスになることもあるけれど、面白いなと感じることが無くもないです。

すごくマイペースでも、そのことを全く気にしないで、ひたすら打ち込めたり、自分は天才だと言ってはばからなかったり。

私は、その根拠のない自信がどこから来るのか不思議です。
というか、羨ましくさえ思えてきます。

気分はややどんよりですが、お天気はよいし、あの根拠の無い自信の持ち主に会うために、そしてみんなでやる達成感というものを、感覚的に理解するために、今日も行ってこようと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。