わたしのあした~発達障害とともに生きる 仕事中の私語

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事中の私語

作業所には、いろんな障害の人がいます。
その特性なのか、本人の性格なのか、作業中でも黙っていられない人が何人かいます。
私は、聴覚過敏があるので、特定の音域の音をとても苦痛に感じることがあるのだけど、現時点では、特定の音声をシャットアウトしてくれるような装置は、ありません。

昨日は、作業所の人たちがやや不穏気味でした。

それは、ある人が、障害特性なのかずっと喋り続け、指導員さんもそれに対して注意することもなく、仕事が遅れてしまったことでイライラを募らせた人が不満を言い始めたのです。

私は、幸いなことに別の仕事をしていたので、良かったのですが、喋り続けながら仕事ができる人はともかく、それができない人(私もそうですが)は、仕事中の私語は慎むべきではないかと思います。
勿論、喋りながら仕事ができる人でも、仕事中に私語が多いのは、やはり指導員さんがきっちり仕切るべきではないかと思うのです。

正直、私は、不満の声を聞いているのは少々不快だし、苦痛でした。

特に、「私は仕事ができる」をアピールしたいおばさんの発言は、聞いていてやや不快でした。

さらに、今回、きっちり仕切ってくれてうた指導員さんが他の部署に異動になったために、新人の指導員さんが指導しているので、このおばさんのような、『古株』の人が新人指導員さんの指示に反発するなどしていたのには、目に余るものがありました。

しかし仕事ができるアピールおばさん、昨日は特にひどかったと思いました。

指導員さんも、もっときっちり仕切らないと、このおばさん、どんどん調子に乗りそうで心配。この日は完全にこのおばさんペースでした。

それにしても、仕事中の私語を、どうして禁止、にしないのでしょうかねぇ…。
話がしたいなら休憩時間があるのだから、その時にすればいいと思うのですが。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。