わたしのあした~発達障害とともに生きる 友だちの基準

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友だちの基準

大人になって、友だちの基準が、私はますますわからなくなりました。

学生時代は、趣味が合うとか、考え方が合うとかで仲良くなって、その中で、気心を許せる友だちを親友と呼んでいたけれど、
大人になると、職場の同僚にしても、ママ友にしても、利害関係が絡むので、なかなか親友と呼べるほどの友だちができにくくなるような気がします。

それでも、主婦で子育て時代は、ママ友を作ろうとしていた時期もありました。
職場で、親友と呼べるような同僚を求めていた時期も、ありました。

でも、利害関係が絡む以上、心のうちを話せるような、親友と呼べるような友だちは、なかなかできませんでした。

それ以前に、他の人が、どんどん親しくなっていくペースについていけなかったです。

それは、私が多分、友だちと呼ぶ基準が、他の人と違っていたからだと思います。

元々、女性は男性よりも群れる傾向が強いので、とりあえずどこかのグループに属していれば、何かと助けてもらえて安心。協力しあえる関係。それが、多分、普通の人の友だちの基準ではないかと思います。

私は、群れる必要性をあまり感じていませんでした。
あれこれご機嫌を伺いながら付き合うなら、一人のほうがいいと思うくらいでした。
友だちと呼ぶなら、ある程度、本音で付き合える人がいい。そう思っていたし、今もその考えはそれほど変わっていません。

大人になると、なかなか、本音で付き合える人は少なくなりますね。
本音を話すことで距離を置かれてしまうことさえあるような気がします。

利害関係が絡むから、当然かもしれないけれど、それでも、一人でいるより誰か知り合いがいて、適当なお付き合いがあるほうが、充実できるのかもしれません。それが、いわゆる普通なのでしょうね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。