わたしのあした~発達障害とともに生きる 感覚過敏~気温の変化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感覚過敏~気温の変化

引き続き、感覚過敏に関するお話です。

私は聴覚過敏があっても、気温や気圧の変化にはそれほどでもないと思っています。

ただ、私の住んでいる地域が比較的温暖で、夏と冬で極端な差がないので、そんなに苦にならないだけかもしれません。

冬場、寒くなっても、氷点下の気温になることはないし、雪も少ないです。
夏の暑さも、昔に比べたら暑くなりましたが、私は暑さに対してはそれほど敏感でないうえに、住んでいるのが海沿いなので、部屋の窓を開ければ海風が吹きこむので、冷房がなくてもどうにか過ごせます。

夏と冬の気温差が、それが激しい地域に比べたらなだらかなので、苦痛を感じるレベルではないのかもしれません。

もし、夏と冬の気温差の激しい内陸部や北海道、東北、北陸あたりに住んでいたら、気温差でもっとしんどかったかもしれません。

実際、専業主婦時代、私は内陸部の寒暖の差の激しい地域に住んでいましたが、冬場は最低気温が氷点下になって、寒さのあまり、朝、起きられなかったり、動きにくかった記憶があります。
今思えば、冬場は軽いうつ状態になっていたように思います。
だいたい夏を過ぎるあたりから、活動が鈍くなっていましたから…。
気温差も激しく、6月の梅雨どきには、長袖の上着を羽織りたいような気温が一転して、夏になると急に暑くなるという感じで、気温差についていけないと感じていました。

最近は温暖化が進んでいて、北海道や東北など、本来夏でもそんなに暑くならないような地域でも、夏の気温が35度を超えてしまうことがあったりするので、しんどいだろうなと思います。北海道や東北の人は、30度を超える気候にはあまり慣れてないと思うのです。
そのあたりも、私は、夏の暑さは30度くらいまでならどうにかエアコンなしで頑張れます。実際、エアコンを使うときの設定温度は28~9度くらいです。

近年の異常気象が、感覚過敏を持つ発達障害の人を余計に辛くさせているような気がします。
こればかりは人の力ではどうにもならないので、文明の利器をうまく活用して、暑さ寒さを乗り切るしかないですね。今年の夏は、どこまで暑くなるのでしょうね…。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。