わたしのあした~発達障害とともに生きる ある朝の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある朝の出来事

おはようございます。
二度寝したら少し寝すぎてしまいました。

昨日の朝のことなのだけど、
いつもの通勤電車、いつもの事ながら満員御礼だった。
でも、ひとつだけ席が空いていて、
私は意を決してそこに座ろうと思った。

たった一つの空席を狙っていたのは、しかし、私だけじゃなくて
私のすぐ後ろにいたおばさんも狙ってたようだった。
その気配に気がついた私はすかさず、
その空席に座った。

すると、そのおばさんは私に背を向けて
「席を取られてめちゃくちゃ悔しい」という、無言のオーラを全身から放ってきました。

そのオーラに居心地の悪さを感じた私は席を立ち、
窓際に立って本を読んでいた。

ちら・・・と横目でおばさんのほうを見ると、
あいかわらず、立ったまま不機嫌そのものだった。

満員電車の中、席はひとつだけ空いたまま。
視線をはずして、私はまた本を読み始めた。

それからしばらくして、またちら・・・と横目でみたら。

おばさんは、席にどっかと座ってくつろいでいた。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。