わたしのあした~発達障害とともに生きる 障害者に見えない障害者の苦悩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者に見えない障害者の苦悩

おはようございます。
いつも、ブログを読んでくださりありがとうございます。

先日の所長の面談で、毎日休まず出勤することが
認めてもらえる最大の重点ポイントであり、
休むことは、信頼を失う最もハイリスクなことだと伺い、
こういう時、もともとゼロ百の私は、非常に悩むポイントであるのです。

そういわれた以上、多少疲れても不調でも、
毎日行くことが信頼される最大のポイントといわれれば、
かなり律儀にそれを守ろうとしてしまいます。

恐らくこの言葉の中には、
どうしても休まなければならない事情のときは、休んでもいいんだよと
いう意図が込められていると思います。

そうでなければ、インフルエンザになっても仕事休めなくなりますから。

しかし、それにしても毎日出勤は、私にとってハードルが結構高めなので、
最終的には主治医の意見書か診断書を差し出し、
こういう事情だから、たまには一息いれさせてもらえないと、
精神の安定が図れないと訴えるしかなさそうです。

自閉症スペクトラム障害(広汎性発達障害)の人は、
人の中にいるだけでストレスなのですよ。

私が人ごみが苦手でスーパーにいけないのは、
人ごみに酔ってしまって、疲れてしまうからなんですよ。

さて今日も、苦手な人ごみ電車に乗って、
行ってくるとします。

だから、精神状態をキープするには、静かで、休める場所や時間が必要なんですよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。