わたしのあした~発達障害とともに生きる 発達障害と障害年金(2)申請のために必要書類と費用の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害と障害年金(2)申請のために必要書類と費用の話

障害年金を受給するためには

1、 初診日の確認か書類上とれること
2、 年金加入期間の条件を満たしていること
3、 障害の程度が認定基準にあること、傷病が年金支給対象であるかどうか

これらの要件を満たした上で、以下の書類が必要になります。あくまで私の場合ですが、

1、 医師による診断書
2、 受診状況等証明書(初診の病院で書いてもらう)2通
3、 病歴・就労状況申立書
4、 戸籍謄本
5、 障害者手帳(あれば)
6、 預金通帳
7、 年金手帳
8、印鑑(シャチハタ以外のもの)

これらの書類は、年金事務所にあります。また、年金加入要件を満たしているかどうかの確認が必要なので、できれば、年金事務所まで足を運ぶか、それが不可能な状況であれば、
電話で書類を郵送してもらうこともできます。その場合、年金の加入状況を確認してもらうため、できれば電話する前に年金手帳を準備しておくといいでしょう。

障害年金には、医師による診断書などが必要になりますが、これらにかかる費用は、医療機関により若干の誤差がありますが、だいたい一万円前後です。

私は、障害認定日(初診日から1年6ヶ月目にあたる日を障害認定日といいます)には、障害の程度が軽く、就職活動をしていたため障害認定に該当せず、事後重症という形で申請をしました。
また私の場合、3回転院したので、受診状況証明書を取るのにやや時間がかかり、申請書類を揃えるのに1ヶ月くらいかかりました。

診断書と病歴・就労状況証明書については後で述べますが、障害の認定基準に相当するかの審査は、日本年金機構の本部で一括で行われますので、書類を年金事務所に提出してから証書が送られてくるまでに2ヶ月半~3ヶ月程度、最初の年金が支払われるまでに50日程度かかります。

審査と診断書、病歴・就労状況証明書については次回詳しく書きます。
障害認定には、この2つ(特に医師の診断書)が重要になってきます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。