わたしのあした~発達障害とともに生きる 不器用さの果て

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不器用さの果て

私は、WAIS3の結果、言語性IQ>動作性IQの傾向がかなり強く、20以上あります。
さらに、手先の不器用さも指摘されています。

そのせいかどうかわかりませんが、頭では理解できても、実際それをやろうとするとできなかったり、作業に手間や時間がかかったりします。
実際、紙をめくるのがなかなかできない、細かいものをつまむことが困難だったりするので、どうしても、作業にかかる時間が、人より余計にかかったりします。

その結果、できない自分に腹が立ったり、イライラしたりすることが多いです。

周囲から見ると、やり方がわからないからできないのだろう、と思われてしまって、何度も同じ説明をされます。でも、それは私としては理解しているので、何度も同じ説明をされてさらにイライラし、しまいには、「馬鹿にされた」と感じてしまう。

または、皆ができているのに自分だけできてないと、劣等感にさいなまれることも多いです。

私は、生まれたときからこんな経験を重ねてきました。自分はダメだと強く思うようになり、劣等感から「皆で私を馬鹿にしている」となり、周囲の人に対して不信感や憎しみの感情を増幅させていく原因になっていったように、思います。

私の人間関係のトラブルも、多くはこういうところが原因になっていることも多いのかもしれません。

今の作業所は、いろんな障害の人がいるので、そのことに気を砕く必要もあります。
その精神的な負担もあり、最近、ちょっとキャパオーバーになっているような感は否定できないです。

だから、自分に合わせた仕事の仕方を、人間関係の工夫を、もっと考えていかないと、周囲の人に不利益を与えることになりかねません。

それを一緒に考えてくれる人がいたら、本当に心強いのですが…。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ジョブコーチにお願いしてはどうでしょうか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

うりぼうさんへ

作業所では、もともと職業指導員さんがいるので、ジョブコーチは入ってもらえないんですよ。

コメントありがとうございました。

非公開さんへ

そうですか・・・。

(今回、文中に非常にデリケートな部分に触れる表記がありましたので、
非公開とさせていただきます。どうかご理解をお願い致します。)

私もブログにあるようなケースで迷惑や不快にさせてばかりですが、こんな自分に堪えて下さり、辛うじて働いています。
真面目に一生懸命の勤務しているというのが要因のようですが、それでも周りには追いつけないです。今度の診断で以前やったWAIS3の結果をもらってこようと思います。

ダメ男さんへ

コメントありがとうございます。

私は、一生懸命真面目に取り組んでいくことのほうが、器用であることよりずっと大事なことなんじゃないかと最近私は思いますよ。

確かに、今の時代はそれだけでは難しいですがそれでも、そこを認めてもらえているという事実を、大切にしてくださいね。

周りに対しては、いつもありがとう、という感謝の気持ちを伝えられていればいいと、私は思います。笑顔と挨拶が大事というのは、私が介護の仕事を通して学んだことです。

あと、WAIS3の結果については、臨床心理士さんなどの専門家に分析をしてもらい、対策を練るのがよいかと思います。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。