わたしのあした~発達障害とともに生きる 友だちを作る才能

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友だちを作る才能

自慢じゃないけれど、私にはこの才能に全く恵まれてはいないです。

でも、この才能が何よりも、生きるうえで大切な才能だということを悟りました。

特別に人より抜きん出た才能があれば、その才能がなくても、苦労はしないのかもしれません。でも、そうでないなら、少しでもいいから、自分にある友だちを作る才能を磨いたほうが、人生を生きる上で手助けになることが多い。そのことを悟ったのです。

発達障害があると、その才能を磨くのはかなり骨が折れるものですが、それでも、友だちが欲しいと思うのは定型、発達障害の人に共通している…と、私は思います。

それに発達障害の人でも、それぞれに、友だちを作る才能は眠っていると思うのです。

才能、というとちょっと大袈裟ですが、友だちを持ちたい、仲間を作りたいと思う気持ちがあるなら、それは才能の芽だと考えて十分だと、そう思うのです。

今の作業所は、私にとって大切な居場所です。

以前は、人の中にいることも、人と話すことも、怖くて仕方なかったのに、ここへ来てから1年近くたって、その気持ちが少し和らいでいるのを感じています。

今では、ちょっとした会話も、少しばかりは楽しめるようになりました。

もちろん、過去にあったことを思い出すと、怖くなることもあります。

それでも、こうして、人と接して、楽しいと思える自分が好きになれるし、やはり、自分はなにより、多くの人の支えがあって生きていると思うから。それをこの1年、十分感じてきたから。

だから、すごく難しいかもしれないけれど、自分と付き合うことで、居心地がいいとまでいかなくても、なるべく相手に不快な思いをさせたくないと思うのです。

先日のカウンセリングで、人付き合いにも完璧を目指さなくてもいいよと言われたので、このことも忘れないでおこう、と思っています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。