わたしのあした~発達障害とともに生きる フライパンで厚焼き卵を作りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライパンで厚焼き卵を作りました

もう賞味期限が切れそうな卵が、冷蔵庫に6個あったので、それで厚焼き卵を作ることにしました。

ただ、引越しをした時に卓上IHクッキングヒーターを中古で購入したので、今までの卵焼き用の四角いフライパンがIH非対応で使えず、丸い,小さい目のフライパンで作りました。

味付けは、いつも通り、めんつゆの素を適当な量…目分量で、こんなもんかな?という感じで入れましたが、出来上がりの味はちょっとしょっぱかったです。やっぱり、分量はちゃんと計ったほうがいいですね。味としてはまあまあでした。

それにしても、フライパンで卵焼き、それも卵6個分の厚焼き卵を作るのは大変難しいと悟りました。

始めのうちはいいけれど、だんだんと卵焼きが厚くなっていくと、菜箸で返すのが難しくなってくるのです。

それでも、作れなくはないので、いまのところフライパンで頑張っていますが、IH対応の卵焼き用フライパンを購入してもいいかなぁと思いました。

ただ、滅多に料理を作る気が起きないので、それもなんだか、宝の持ち腐れになりそうでもったいない気がして。
それに、卵をいっぺんに6個くらいまとめて使うために、小さい卵焼き用のフライパンだと、やっぱり返すのが難しくなってしまいそうな気がして。

案の定、出来上がった厚焼き卵の形は見事に『失敗作』を思わせるものでしたが、主婦暦もあるのになかなか、卵焼きをきれいな形で上手に焼くのは難しいものです。形を整えるのにラップを巻いてみましたが、もとの形が形だけに、あとで直すのも簡単ではありません。ただ、卵焼きとしての出来自体は、それほど悪くありませんでした。

料理は苦手なのだけど、自分で作った料理が上手くできると、一人の食卓もちょっと心楽しいものになります。そして、自分で自分を、料理の天才と褒めるのです。
(でないと、一人暮らしの場合誰もほめてくれませんからね)

逆に失敗料理を作ると、深い後悔の念に襲われてしまいます。
仕事でうまくいかなかったことの次に、自分に対して悔しくなる瞬間です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに失敗で落ち込んだりしますね。
失敗から見えてくるものもあり、
学ぶことや、次はこうしよう、と課題が見えてくるのではないでしょうか。
私は口だけですが。
不快なコメントで申し訳ありません。

ダメ男さんへ

仰るとおり、失敗は成功の母とも言いますが、
卵焼きを上手に作るって意外と難しいもので、
料理は科学だなと、故・小林カツ代さんの言葉を借りてしまいます。

不快なコメントと言われてもどこが不快なのかちょっとわからないのですが、コメントありがとうございました。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。