わたしのあした~発達障害とともに生きる 子どもたちがいる休日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちがいる休日

この連休に、子どもたちが遊びに来ました。
三女は、商業高校を卒業して春から社会人、長男(息子)は、早いものでもう中学2年になります。

その息子が今はまっているのは、『ぼんち揚げ』というお菓子。それも普通のぼんち揚げではなくて、息子の好きな漫画のキャラクターのイラスト入りのもので、コンビニだとロー○ンくらいにしか置いていないのだそう。

今日も、そのキャライラスト入りのぼんち揚げを求めて、某スーパーで探しましたが、売ってなくて、結局、普通のぼんち揚げを買いました。

ロー○ンなら、私の通う作業所の近くにもあるし、今度、仕事に行ったときに覗いて、あったら買って、それこそ増税前に送ろうかとまで思ってしまいました。

息子は高機能自閉症。
ぼんち揚げを捜し歩く弟(息子)の情熱に、お姉ちゃん(三女)は「もう!何でもいいじゃん!」と半ばあきれていましたが、そのこだわり、同じ障害の母(私)ならわからなくもなく、むしろ息子以上に熱心に探してしまいました。

部活も熱心に続いている様子でした。…むしろ、定型だろうお姉ちゃん二人は部活に挫折しているんですよね。逆に発達障害の息子のほうが、こだわりから、やめにくいのかもしれません。

あまり頑張り過ぎないで適当にやってほしいです。

…おっと、それは私の共通課題でもありましたね。

世の中は、適当でできているんだよって。

そう自分に言い聞かせて、子どもたちのいない休日、適当にのんびり過ごそうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。