わたしのあした~発達障害とともに生きる 時は流れる、時代は変わる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時は流れる、時代は変わる

先日、作業所の仕事を終えて帰る電車の中で、パンツスーツの制服を着た女子学生を見かけて、ちょっと、驚いて見てしまいました。
隣にいた女の子は、スカートの制服。デザインが同じことから、同じ学校の学生さんだと思います。

今は、パンツ(ズボン)とスカートを、自分の好みで選ぶことができるんですね。

なかなか、女の子のパンツスーツの制服も良い感じでした。

もう、女子=スカート、という時代は終わりつつあるようです。

私の三番目の娘は、絶対スカートをはかない子だったのに、中学の制服は、女子はスカートしかなく、仕方なく着ていました。中学に入学するまで、三女のスカート姿を見るのは、小学校の入学式以来でした。

もしも、娘の中学で、女子もズボンの制服を選ぶことができたら、間違いなくズボンを選んでいたでしょうね。

そういえば、ランドセルも、昔は、女の子は赤と決まっていたけど、最近は女の子でも、ブルー系の色のランドセルを背負っているのを見かけます。

考えてみれば、今は結婚、出産後も仕事を続ける女性も多く見られるようになりました。今は、専業主婦の割合はかなり低くなっているように感じます。
つまり女性だから、家庭に入ってお終い、という時代では、もうなくなっているのです。

もちろん、それは不景気の影響もあるでしょう。
でも、それだけでもないと思います

女性が大型トラックを運転している姿も見かけるようになりましたし、男性だから、女性だから、こう生きる、こういう仕事を選ぶという考え方は、だんだん薄れているように見えます。

時代は、少しずつ変化していくのですね。
いつか発達障害を持っていても、それほど生き難さを感じない時代が来ることを願います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大変化

こんにちは
確かに女子はスカートと決められてましたね、チコさんもそのお話はよくされてましたし、また男子は黒・女子は赤のランドセルって決まっていましたね、今同じ学校で通う姿を見るとランドセル1つを見ても激変しているので驚きです。

トラック以外にも新幹線の運転士土木関係も女性の社会進出は海外に比べて遅れているとはいえ動き始めましたし、逆に男性が育児に携わる時間もこれまた海外より遅れているとはいえ伸びてきました。


発達障害も、小学生での支援・大人の方の援助もこれまた同じように海外に比べて遅れているとはいえ動き始めました、当事者がより良い生活が送れるよう体制や仕組みが整うことを祈るばかりです。

スモッドさんへ

ズボンの制服を着た女子学生を見たとき、
ああ時代はかわったなぁと思いましたね。
デザインも、悪くなく、十分女子でも似合ってましたよ。

考えたら、就職活動のスーツでも、パンツスーツの女性がいるのに、
なぜ中高生の女子は、スカートの制服ってお決まりみたいになっているのか、考えたらちょっとおかしいですよね。

最近は自分でお弁当を作ったり、家事育児に積極的な男性も多いですし、
料理家でも男性はいますよね。
ケンタロウさんや、速水もこみちさんとか。

発達障害と定型者の枠が、ベルリンの壁のように崩れるのには、
やっぱり時間がかかるでしょうか、いつかそうなってほしいと思います。

No title

それでも専業主婦をしている人もいますよね。羨ましいです。

うりぼうさんへ

…そうですか。

私、専業主婦の経験ありますけど、思うほどいいものでも
なかったですけどね。

稼ぎがないから、お金だってそう自由に使えないですしね。
社会に取り残される不安感にも襲われたり。

コメント、ありがとうございました。
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。