わたしのあした~発達障害とともに生きる うつ病のときは、焦らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病のときは、焦らない

前にも書いたように、うつ病歴4年目に突入しますが、ここで私がしみじみ思うことがあります。それは…

「うつ病のときは、社会復帰を焦ってはいけない」。

それでも、焦るのがこの病の特徴なので、焦らないでいることのほうが、難しいのです。
そして周囲の人も、できれば、うつ病の人に対して、職場復帰を促さないほうが、結果としてマイナスが少なくて済むと、経験上思います。

私は職場のストレスでうつ病を患い、ついでに発達障害も発覚しました。

うつ病が原因で退職した場合、失業保険の受給期間も長くなりますし、離職票(会社に請求すればもらえます)を市役所の担当窓口に提出すれば、国民年金の支払いも幾らか免除されます。だから、どうか焦らずその間はゆっくりと治療に専念し、自分が出来る範囲で働く場所を見つけてください。失業保険の期間が切れて、どうしても働けなければ、障害年金の申請もできます。特に会社員でうつ病になった場合、社会保険(厚生年金)を支払っていれば障害厚生年金3級の可能性は高いです。(厳重な審査があるので必ずということはないですが、可能性はあります。)

私は、なにより社会復帰を焦ったがために、余計な荷物を増やして病気を悪化させてしまった感が否めません。
どうか、うつ病になったら、焦らず、ゆっくり治療に専念してください。それが何よりの社会復帰の近道だと私は思います。

うつ病が必ず治るとは言いません。けれど、それなりに社会復帰の場所はありますから、どうか焦らないでください。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。