わたしのあした~発達障害とともに生きる それでも、前を向いていけるような気がしてきた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも、前を向いていけるような気がしてきた。

診断後、私は心理検査の結果を、かなり悲観的に受け止めていました。
だから能力の高い人のことを羨ましがって、事ある度に劣等感にさいなまれて、診断を受けたことを後悔することもしばしばありました。

今でも、確かにそれはあります。
でも、以前よりは、「自分を知ることができてよかった」と思えることが増えてきました。

それでも、自分をダメだと思って落ち込むことや、出来る人をみては羨ましがる癖は相変わらずで、自信を失ってしまうときもあるにはあるけど、少しずつ前を向いて歩いていける自信のようなものが生まれてきました。

毎日、翌日のタスクを組むことで、以前よりも、無駄に時間だけが過ぎていくこと、バタバタと慌ててそれだけで疲れ切ってしまうことも減って、気持ちにゆとりができました。特に朝、仕事に出かける前のバタバタ、帰宅してからのダラダラや、無計画に片付けに手を出して疲れ切ることがなくなったこと。それは、診断を受けて適切なアドバイスがあったことに他なりません。

毎日タスクを組んでいくのは、確かに面倒なので、もうちょっと簡素化したいとは思うのですが、いまのところ良いアイデアが出ないので、面倒だけど、電車の待ち時間など空き時間にスケジュールを組んでいます。

できれば平日と休日でスケジュールの基本形を作れればいいのですが、やっぱり、朝の時間の使い方も同じようで毎日違うので、それならタスクを組む時間をどこかで確保しておいて、毎日考えるほうがいいかなと今のところは思っています。

そうして、少しずつでも、無駄にバタバタして疲れてしまったり、ダラダラと時間が過ぎることが少なくなったこと、そんな毎日の積み重ねが、小さな自信に繋がっていったのだろうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。