わたしのあした~発達障害とともに生きる 2015年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの模様替え

9月も今日で終わり、明日から10月ですね。

今日はカウンセリングのために病院へ行くので、作業所はお休み。
(病院が、やや交通の便の悪いところにあるので、カウンセリングの日は
基本的に作業所をお休みすることにしてます。)

だからというわけではないのですが、ブログを模様替えしてみました。

それから、通販だけど秋物の服を少し買いました。

でないと、作業所へ着て行く服がなくなるから(汗)

服が増えたおかげで、今の収納スペースに服がおさまりきらなくなり、
衣装ケースも3個買いたしました。

お金に余裕のあるいまのうちに、必要なものは買っておかないとね。

衣装ケース3個は、アマゾンで。

通販やネットショップを利用すれば、地方在住でも車なしでなんとかなるものです。

カウンセリングで、作業所での悩みを聞いてもらって、
(実際は話を聞いてもらうだけではないのですが)ちょっと気持ちが軽くなったところで、
珍しくこの時間にブログを更新しています。

今までのテンプレートにカレンダー表示していなかったので、わからなかったのですが、
結構、更新してない日が多いことに気が付いて。

それで、慌てて9月最終日の今日、更新して。
ツイッターやってると、ブログ更新がどうしても滞ってしまうんだけど、
最近、ブログっていいなと思えることがあったので、
明日からはもう少し頑張って更新してみようかなと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お金の悩みが止まらない

今日のブログは、ちょっと長くなってしまうかもしれません。

うつ病になって、休職してから、お給料がなくなりました。
その代わりに傷病手当金を申請できたので、それでなんとか生活していました。

休職中も、休んだり出勤したりを繰り返しているうちに、
職場に申し訳ない気持ちになったのと、
仕事が自分にあってなかったことでみんなに迷惑をかけてる気がして
いたたまれなくなって、退職しました。

もともと介護職をしていたので、その仕事はあったので、
何度か職場を変えてやり直そうと思いましたが、うまくいかず。
就職しては退職するということを繰り返していました。

生活費のほうは、最初は貯金を切り崩してなんとかやっていたのですが、
そのお金もすぐになくなり。

傷病手当金が切れる1年6ヵ月後には、クレジットカードのキャッシングを利用して
生活費の足しにすることが増えました。

ここで、それなりの相談機関に相談すればなんとかなったかもしれません。
僅かなお金でも、繰り返し利用しているうちに、かなりの負債を負ってしまっていました。

職場を転々としながら、なんとなく自分は一般就労は無理かもしれない、
そう思うようになりました。

それからようやく重い腰が上がり、障害年金の申請をしました。
程なく、A型作業所の通所も始めました。

この頃になって、ようやく、
「入ってくるお金で生活しなきゃいけない」とわかり、
地方だとやや不便になってしまうことを承知で、車を手放しました。

その後、障害年金の審査に通り、年金とA型作業所のお給料でやってきました。

今は、2級の障害年金を受給できているので、
贅沢さえしなければ、そこそこ余裕の生活が出来ました。

しかし…やっと安定したように見えた生活にも暗い影が忍び寄ってきました。

それが、今回の障害年金等級判定の改正です。

うつ病など気分障害の場合、2級に相当するのは、入退院を繰り返すほどの
重度の場合、とあります。

私は残念ながら入院歴はありません。

それでも、障害厚生年金は3級まであるので、広汎性発達障害と合わせて
3級ならどうにか通るかもしれません。

でも、それでもA型のお給料と合わせてもまったく余裕のないギリギリの生活です。

医療費も、今は精神科にしかかかっていませんが、
これから他の病気で医療費が今よりかかるようになったら。

或いは生活に必要な電気製品が壊れてしまったら…

不安でなりません。

このまま、2級の障害年金が受けられるなら、こうした不安から救われるのですが。

本当に、障害年金の等級判定はあのまま改正(改悪)されてしまうのでしょうか。

主治医からも、フルタイム勤務の許可はおりていないし、
過去の負債をいくらか抱えてるので、生活保護も無理です。

自業自得かもしれませんが、今の私には、せめて負債を完済するまでは、
2級の障害厚生年金は命綱です。

社労士に依頼してでも、どうにかして2級の障害年金が受けられないか、
相談するつもりです。

もしこれを読んでる人で、生活に困窮している人が居たら、
カードローンに手を出す前に、お住まいの市・区役所に相談に行かれることをおすすめします。

長いブログにお付き合いくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

連休が終わったら、急に力が抜けてしまった。

シルバーウィークが終わりました…。

すると、途端に力が抜けたように、作業所へ行く気力が薄くなってしまったようです。

先週は、シルバーウィークで連休な上、土曜日も休日でよかったのですが、
今週は、しっかり6日出勤なので気が重たいです。

最近は、なんだか作業所と自宅を往復しているだけで疲れてしまって、
趣味や自分の楽しみの部分にまで、時間もお金も回らず、なんのために生きてるのか、
よく分からなくなるときがあります。

もちろん働くのは生活を豊かにするためですが、
もし来年、年金の等級が下がれば、暮らすだけで精一杯の生活が待っています。

そこのところは来年にならないとわからないのですが、
障害年金の等級判定の改正が今年1月に迫ってるらしく。
そうなれば同じ診断書でも等級がいまより下がってしまうことは十分予測できます。

せめて副業できる余力があったり、
一般就労できるくらい回復していればいいのですが。

なかなか思うようにいかないことばかりで気分が沈みます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


買い物アドバイサーが欲しい

9月も終わりに近くなり、日中はともかく、朝晩は長袖を羽織りたくなります。

それに、秋が終われば冬がやってくるので、冬支度も必要です。

今までは自宅にひきこもり状態だったので、必要のなかったものが必要になってきました。
それが、仕事に着ていく服です。

先日、某通販で夏物を何着か買ったのですが、もう秋冬物が必要になりそうです。

それで今ネットで安くて長持ちしそうな、飽きの来ない服を探しています。

最近の傾向として、秋はすぐ終わってしまうので、秋物は最小限にして
冬物を重点的に買おうかなぁと考えています。

障害年金も、来年はどうなるかわからないので、服にしても他のものにしても
買うなら今のうちで、でもそうかといって買い過ぎてもいけないので、悩みどころです。

安いものに走りたいけど、安物を買うとすぐ使いものにならなくなるので、
値段だけでも決められないし…ほんとに、こんなとき、買い物アドバイサーがいたらいいのに、と
思います。

取り合えず、秋冬の物はそろそろ準備しておこうと思います。

同時にクローゼットの中の整理もしたいです。
引き出し式の衣装ケースは去年一つ増やしたんだけど、あと一つくらい必要かなぁ。
考えてると、なんだか、買うものがどんどん増えてしまうんだけど、
冬の暖房器具がこたつだけなので、エアコンも欲しい…。(今部屋についてるエアコンは冷房ドライのみ)
去年の冬はこたつと電気ストーブで乗り切ったけど、こたつから動けなくて困ったんです。

予算的にそんなに買えないんですけど、とにかく金銭的に余裕があるのは今のうちなので、
必要なものは、今のうちに揃えておこう…と考えています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

連休です。

やっと、昨日から待ちにまちわびた連休が始まりました。

とはいっても、特にどこかに遊びに行く予定もないので、
自宅で淡々と家事などをこなしてました。

洗濯もしたし、溜め込んでいた家計簿もやっとつけました。

それで、つい考えてしまうのが障害年金の等級判定に関わるガイドラインの改正。

施行されれば恐らく、A型作業所に順調に通うことができたとしても、
まったく余裕のないギリギリの生活…。

それに備えて今から少しでも準備しておいたほうがいいのかもしれません。

パブコメの募集をしていたけど、来年1月からの適用という話を聞きます。

本当にあのガイドライン(案)が適用になっちゃうんでしょうか。

不安です。

ちなみにガイドラインはこちら。
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12501000-Nenkinkyoku-Soumuka/0000093031.pdf

<引用>
・適切な投薬治療などを行っても症状が
改善せずに、入院を要する状態が長期
間持続したり、頻繁に繰り返している場
合は、2級以上の可能性を検討する。


適用されれば、うつ病などの感情(気分)障害の場合、
2級に該当する人は殆どいなくなってしまうんじゃないでしょうか。

障害基礎年金には3級はないから実質不支給です。
障害厚生年金に3級はあるものの、支給額は二分の一に減額になってしまいます。

悩ましいですね…。

明るいニュースかないから、
連休だからといってぱっと遊びにいったり買い物したり、という気持ちには
なかなかなりませんが、

質素な暮らしでも、何かを楽しみに生きることが許されるような、そんな社会であってほしいものです。

でも、待ちにまった連休ですからね。

少しくらいは楽しもう、と思っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

面談

先日、私は作業所でとても辛いことがありまして、
そのことについてサビ管さんと面談をしました。

面談と言っても全然堅い雰囲気ではなく、ざっくばらんな感じで、
それが救いとなりました。

でも、結局なんだかんだで丸め込まれた感は否めなかったのですが、
辛くなったら、一人の作業に切り替えてあげるからすぐに職員さんに伝えてね、
ということでまとまりました。

結局、一番話したかった、
「自分の仕事をだれかに手伝ってもらう辛さ」には触れられませんでした。
話したところで、自己中だと思われてしまいそうな気がしたから
話せませんでした。

私にとって、自分にまかされた仕事は、自分が全てやりきらないと、
能力不足に思えてきて、いままでのトラウマ体験が発動するので、
とても辛いんですよ。

サビ管さんはとても良い人だと思うのですが、所詮定型の健常者には、
二次障害に病んだ発達障害者の気持ちはわかってもらえません。

いろんな作業所を見学して、今の作業所に決めたのも、
このサビ管さんの印象が良かったのが決め手だったのですが、
病んだ発達障害者はここまで認知が歪んでしまっていることまでは
わからない様子でした。

仕方ないことだとは思うのですけどね。

今日は、私がこの作業所へ来て2回目のお給料日。
先月は、半月分しかなかったお給料ですが、今月はほぼ一か月分のお給料です。

それを見たら、きっとモチベーションになるよ、と言われましたが、
どうでしょうね。
そりゃB型に比べれば、ずっとモチベーションにはなると思うのですが。

来年になったら障害年金の改悪で、等級落ちすることが目に見えてる現状では、
A型就労では、また余裕のない生活になってしまうことを考えると、微妙です。

「受け止め方を変えていけばきっと今より楽になれていいと思いますよ」。

それが簡単にできれば苦労はないんですけど。

いま一つ、スッキリしたようなしないような微妙な面談でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

かなり疲れが溜まってきてます。

明日15日、ブログ村がメンテナンスに入るそうなので、
今日中に記事を一つアップしておこうと思いました。

作業所のほうは、2ヶ月の暫定期間を終え、無事に本採用となりました。

しかし、A型作業所は、月の休日が8日と決まっているので、
今月のシルバーウィークのような大型連休が入る月は、
土曜日出勤の週が多くなってしまいます。

そのためか、今日はややバテ気味、朝が少し起き辛かったです。

私は毎月一度~二度くらい、カウンセリングを受けているのですが、
病院が交通の便の悪い場所にあるため、通院だけで時間がかかるため、
私の体力維持のためにも休日を取ることにしています。

今月はカウンセリングのための休日が月初めと月末とで2回入るため、
これだけで、A型作業所の出勤規定の月80時間ギリギリになってしまいます。

つまり、今月は余程のことがない限りもう休めない…。

なので、今週も土曜日まで頑張って通所しないといけません。つらいです。

これなら、週5日のアルバイトのほうがいいのかしら?なんて思ってしまいますが、
私の状態を考えるとクローズ就労は続けるのがしんどそうでもあります。

とりあえず、A型就労でみんなと一緒に作業できるようになった頃、
フルタイムで障害者枠の就労ができるようになればなぁと思ったりしています。

そんなわけで今週も6日出勤、頑張ろうと重います。

ゆったりした気持ちでできるといいんですが、実際これが難しいんですよね。
常に100%でないと許せないんですよね…。実に厄介です(苦笑)。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

障害年金の改悪でパブコメを送りました

もう既に今月10日で締め切りましたが、
「実質、うつ病で障害年金がもらえなくなる」等を盛り込んで、
精神障害に係る障害年金の審査をさらに厳しくした改正案(改悪案)が発表され、
この改正案に対するパブリックコメントの募集がありました。

詳しくはこちらの記事をご一読ください。
精神障害に関する障害年金改悪案にパブコメを!(2015年9月10日締切)

私は、二次障害のうつ病と、広汎性発達障害とで申請していただけに、
この改正(改悪)案に大きな不安を覚えました。

早速、私も締め切りギリギリでパブコメを送りました。

実際、現在A型作業所に通所していて、ちょうど今日で暫定期間が終わり、
本契約になります。(暫定期間中もお給料はもらえます)

現在は2級の障害年金を受給してますが、この改正後はそれも難しくなりそうです。

もちろん、A型作業所の通所がこのまま順調にすすみ、障害者枠でもフルタイム勤務ができれば、
障害年金も必要なくなりますが、
うつ病と同時に私は広汎性発達障害ゆえの社会性の困難、言語的コミュニケーションの困難を抱え、
就労、しかも作業所でなくフルタイムで就労するとなると、やはりしんどいです。

今の作業所就労でも、今まで職場でのマイナス体験からくるトラウマからフラッシュバックを
起こしたり、大人気ない行動に出てしまうこともあるからです。

そのため、作業所には頓服としてワイパックスを常に持参しています。
本当はもっと効き目の強い薬を、と要望したのですが、それだと眠気が強く出て、
仕事に差し支えるとのことで、やむなくです。

障害年金の改正後までに、うまく社会に適応できるようになればいいのですが、
逆に、1年で職場のトラウマからくるフラッシュバックや、被害妄想をなんとかしろ、
と言われるのはやはり厳しいです。

最悪、3級の障害年金が受給できたとしても、A型作業所のお給料はひと月6~7万円。
それに3級の障害年金を足しても、月収10万ちょっと超えるくらいです。これで生活するとなると、
食べていくだけが精一杯で、余裕などなくなります。

そのため私は、2級の年金が受給できる今のうちに、できた余裕で貯金をしています。
そうでないと、フルタイムで働けない限り、まったく余裕の無い生活を余儀なくされるからです。

次の再認定まで、私の場合1年しかありません。
この間にフルタイムで働けるだけの身体と精神を作るには、かなり厳しそうです。

どうか、精神障害者の生活を支える障害年金の改正をするのであれば、当事者の声に耳を傾けてほしいと願います。





自己肯定感の低さにゆえの悲劇?被害妄想

このブログの一つ前にも書きましたが、私は自己肯定感が低いです。

「お前は愚図だ、何をやってもだめだな」と、この50年近くずっと言われ続けたために、
私はダメ人間だと思うようになっていきました。

私はダメだ、私はダメだ…というデータを脳内に焼き付けてきたせいで、
ちょっとほめてもらっても

「どうせ、お世辞にちがいない」、もしくは
「裏になにかあるにちがいない」そんなふうにしか思えなくなってしまいました。

こうなるともう認知の歪み、確実に被害妄想が入ってるとしかいえません。

今もさにあらず、作業所では、

「仕事はよくやってる、能力そのものは高いが被害的な受け止め方を変えていただきたい」。
そう言われて、私は苦悩しています。

能力高いってそれほどでもないと思うんです。
質のいい仕事をこころがけてやっていますが、処理能力がかなり残念なせいか、
全体として動作性IQが低めのためか、やっぱり数をこなせなくて、
いざというときの戦力になれないのが悔しくて仕方ないわけなのです。

「私はどうせ戦力になれない」…そこから始まって、
「自分なんてここでは必要とされてない人間なんだ」と被害的に受け止め、
能力の高い人をうらやみ、やがてそれは強い憎悪の念へと変化していきます。

そしてそれらは、時に、不適切な言動へ私を向かわせました。

これが、今まで私が様々な仕事が続かなかった原因です。

今のA型では今度こそは…と決意しているものの、既に職場に対するトラウマがあり、
すべてのことを被害的に受け止めてしまいがちで、
時々フラッシュバックが起こります。

今、心配しているのは、付き合ってくれる職員さんやサビ管さんたちが、
こんな私に匙を投げてしまわないか?ということです。面倒を見るのは私だけではないからです。

いくら自分が変わらなきゃと思っていても、完全に認知が歪んでしまっているので、
受け止め方を変えるのは、そんなに容易なことではないのです。

それが苦しみの原因になっているのがわかっているにしても、
この被害妄想な考え方から抜け出ることができないのです。

でも、ここで匙を投げずとことん向き合ってくれれば、私も人を信頼できるようになれる気がします。

一番仕事ができる人にならなくても、「ここにいていいんだ」と思えるようになれるかもしれません。

あくまで仮定ですが。

そしてあくまで私の場合ですが。

二次障害を抱え、被害妄想の入った発達障害者が社会復帰するのは並大抵のことではないのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

自己肯定感

ものごころついた頃から、

「お前は何をやっても遅くてダメだ」

といわれてきたせいか、気が付いたら私の自己肯定感がかなり下がってました。

自己肯定感が低いと、本当にいいことはないです。

自信過剰ももちろん問題でしょうが、

自信がなさすぎると、すぐに卑屈になってしまい、

他のできるひとをうらやんで、自分を卑下してしまいます。

こんな私ですが、最近、作業所のスタッフさんから

「あなたはとてもよくやってくれて助かってる。何を任せても大丈夫」

そいう評価をいただきました。ありがたいことです。

しかし私は自己肯定感があまりに低いため、その評価を素直に受け取ることが
できす、
どうせお世辞なんだと流してしまいます。そして、人と比べてできないことを
勝手にみつけては、
「やっぱり私はダメだ」と、思って落ち込んでしまうのです。

確かに作業は遅いほうだと思います。でも、それでも相応に評価してくださる
スタッフさんの言葉を素直に受け取れないのは、やはり
自己肯定感の低さによる認知の歪みのせいなんだと思います。

でも、この歪みを完全にとまではいかなくても、少しでも改善できたら、
私は前の作業所で起こしたような、トラブルは回避できて、
A型就労から障害者枠での就労が可能になるのかもしれません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。