わたしのあした~発達障害とともに生きる 2015年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからのこと

失業給付が始まったら、いよいよ求職活動を始めないといけません。

この期間をどう過ごすかで、今後のことが決まる、といっても過言ではなさそうです。

一日も早く仕事を決めようと、焦ってしまえば前の失敗の繰り返しになります。

資格やキャリアを身につけるにも、経済状況を念頭に入れておかないと、
肝心のお金でまた苦労する羽目になります。

発達障害者、とくに私のような広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)の人は
コミュニケーションに困難があり、またマルチタスクも苦手なので、
なるべく、シングルタスクで、高いコミュニケーション能力を要求されない職に就くのが成功の鍵になるようです。

ただ、地方だと障害者の求職の絶対数が限定的だったりで、ぴったりの職を見つけるのは難しいかもしれません。

自閉症スペクトラムの人は、一人で完結できる仕事が向いていますが、
その職業を見つけるのに苦労し、結局作業所に落ち着いてしまう。
そんなことがなきにしもあらずようです。

作業所は、確かに一人で完結できる仕事があり、発達障害者の居場所の一つかもしれませんが、
いかんせん、仕事の内容が極端に単調すぎて、やりがいを感じることが少ないことが欠点だと思います。

また、作業所への通所のための交通費は支給されないことが多いです。

作業所は、あくまで通過点、とりあえずの居場所と割り切るのがいいだろうと思います。

なんにせよ、自分の使える社会資源を活用するしかない現実もあるので、
100%満足を目指さず、それでも努力は惜しまず、妥協するところは、
納得して妥協することも大切だと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

失業給付期間でスキルを身につけたい

失業給付の受給のために、先日ハローワークに行ってきました。

障害者手帳があるので、失業給付は360日に渡って支給されます。
もっていてもメリットの少ない手帳といわれても、 
これは、精神障害保健福祉手帳を取得する大きなメリットの一つだと思います。

すぐに就労支援A型事業所へ…というのも一つの道ですが、ここで少し立ち止まって、
パソコンスキルを磨いたり、他に何か就労に有利な資格などを身につけるための
絶好のチャンスが到来したようで、ハローワークから帰宅してから、
あれこれ考えていました。

今回の受給期間は、今すぐ就職活動に熱心になるより、
スキルアップのために充てよう。そう思いました。

B型作業所には一応通うけれど、それよりもスキルアップと就職活動に充てて、
モチベーションを上げるのも悪くないでしょう。

そう考えると、不思議と元気が出ますね。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

いつも応援、ありがとうございます。

ここしばらく更新ペースがゆったりになっていますが、それにも関わらずランキングに投票していただき
本当にありがとうございます。

発達障害者は、その障害の程度も、置かれている環境もさまざまです。
そんな中、自分は底辺の当事者なんだなぁと感じて凹むことも時々あります。

こんな私が何かブログで書いたとしても、
何も役に立つことなんかないんじゃないかと自虐的になったりします。

それでも、こうして書くことができるのは、このブログを支えてくださる
皆さまの存在あってのことだと実感しています。

せっかく応援していただいているのならここで奮起して、
発達障害当事者みんなのお役に立てるブログを書いてみようじゃない!!
…といきたいところですが、
これといって誇示できるものがない私には、やっぱりこれまで通りのブログしか書けないかもしれません。

それでも。

底辺当事者の自分の『記録』を残すことで、お役にたてることもあるかもと淡い希望をこめて、
これからも書き続けていきたいと思います。

あえて底辺当事者と書きましたが、自分を自分で本気でそうは思っていません。
でも客観的にみて、自分は底辺だと自覚せざるを得ないのでそう書きました。

もしもこの言葉に気分を害された方がいましたら、ごめんなさい。

私は自分を(たとえ底辺当事者であったとしても)見捨てていません。

自分が自分を見捨てたら終わっちゃいますからね。

背伸びをしてない、身の丈にあった自分を大切にして認めるって、簡単なようで実は難しいですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

ハローワークへ行って、少し浮上しました。

春のような陽気の中、失業給付の件でハローワークへ行ってきました。

私は転職が多く、2年ほど前も失業給付を受けていたので、今回受けられるかどうか気になり、
丁度自立支援医療費の保険証の期限延長の手続きで市役所へ寄ったついでに、
受給できるかどうかを確認しようと思ったのです。

そしたら無事、失業給付は受けられるとのことで、少しほっとしました。
電車に乗るまでに時間が余ったので、ひさしぶりに求人検索を見てきました。

職種は様々ですが、障害者枠での求人がたくさん出ていて、少し元気が出てきました。

ここのところ沈みがちだった気分が、少し上向きになりました。

このタイミングで、一気に走り出してしまうと疲れ切って元の木阿弥になってしまうので、
そうならないように、できるだけ慎重に、これからの身の振り方を考えていこうと思います。

障害者手帳があると、失業給付は360日間給付されます。
前回のように焦って就職を決めないで、じっくり仕事を選びたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

いろんなことが、どうでもよくなってくるんだ。

最近、更新が滞っていてごめんなさい。
放置はするまいと思っていたのですが、どうしても更新の間があいてしまうんですよね。
書こうと思えば、書くことがないわけじゃない。
けれど最近は、なんとなく『どうでもよくなってきた』んですよね。

ツイッター始めた頃は、当事者会を立ち上げる(実際できるかどうかは別にして)くらいの
気合があったし、発達障害の理解啓発をやりたいという気概もありました。

けれど今は、それよりも、自分が生きることで手一杯で、実際にはそれ以外何もできない。
悔しいけれど、これが自分のキャパなのだと認めざるを得ない。

そんな日々をブログに綴っても、ただの貧乏障害者のたわごとにすぎなくて、
様々な活動をしている人たちに対して引け目を感じて、ブログを書く気持ちも、
ツイッターで呟き気持ちにも、あまりなれなかったのです。

今もそんな気持ちで鬱々としていますが、せめて生存報告のためにブログを書いています。
まぁ単にスランプに陥っているだけかもしれませんが。

こんな私にも、発達障害の人のために何かできるでしょうか。
せめて自分の舟が沈まないように足掻いているいち発達障害者にも。

朝ドラの台詞にもありましたが、
「死んだらしまいじゃ」
なので、死なないように前を向いて生きようと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

物価があがったよね。

先日、作業所の工賃が出ました。
出たところで、雀の涙程度なので、愛飲のコーヒー(しかもインスタント)を買うか、
全額貯金にしてしまおうか迷っているところです。

ところで昨日はヘルパーさんが来られて、調理と掃除のヘルプをしていただきました。

ヘルパーさんと調理をしながら、最近物価上がったね、特売じゃないと手が出ないよね、という会話になりました。
似たような会話は最近どこでも聞くので、昨年4月に消費税が上がってから特に、
物価があがったことを皆さん痛感しているようです。

ただ、このような印象を持っているのは、私のように(障害)年金暮らしや
生活保護者、いわゆる低所得者に多いような印象を受けます。

生活にゆとりのある人は、消費税が上がってもそれほどは感じていないように思うのは、
低所得者の気のせいなのかもしれません。

これから日本は、一部の裕福な人たちが得をする、いわゆる格差社会になっていくのかもしれません。

それは物資的なものに留まらず、文化的な生活、教育すべてにおいて、裕福な人とそうでない人との差が
大きくなっていくような気がします。

一部の裕福な人たちが豊かになって、『景気が良くなった』と公言しているのが、
今の政権のように思えて仕方ありません。

低所得層から『アベノミクス』をみるとそう映るのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

収入が少なくても楽しく暮らす方法を探る

睡眠薬が朝まで残るのでしょうか。午前中は眠くて調子がでません。

コーヒーを飲むと目が覚めるような気がして、朝一番でコーヒーを沸かして
飲むのですが、あまり効果がありません。

それでもぼんやりとコーヒーを飲みながら、節約ブログに足を運ぶのが朝の私の日課です。
そのわけは、いかに『少ない収入でも楽しく暮らせるか?』これを探るためです。

読んで参考になるかどうかは微妙で、これは『少ない収入で楽しく暮らす実践』よりも、
大半は気持ちの持ちようではないかと思う次第です。

少ない収入でも楽しく過ごそうとすればそれをプラスに受け止めれば良いわけで、
そうすれば、少ない収入でも楽しく過ごせるようです。

貧乏な生活というとマイナスイメージしかありませんが、
シンプルですっきりした暮らしをしている、と考えるとモチベーションが上がりますよね。
ちょっとした自分のアイデンティティにもなりそうです。

どれだけ収入が少なくても、楽しく過ごすためには必須の条件はあるようです。
それは『自分のおこづかい』を確保することのです。

もちろん収入が少なければおこづかいも少額になりますが、
何といってもこれがゆとりになり、楽しみ、やる気モチベーションアップに繋がっていくようです。

問題はその金額ではなく、おこづかいという枠を設定することにあるようです。
少額でもそれを貯金に回せば、何ヶ月に1度でもちょっとした贅沢を楽しむことができます。

節約をしようとするときに真っ先に削られるといわれる食費。
極端に言えば、特売のインスタントラーメンを3食食べるようにすれば、
食費は月数1000円で済ませることができます。

栄養面や、毎食だと飽きるとか、食事としての満足感はこの際度外視です。

ただひたすらお小遣いを増やしたい、貯蓄を増やしたいという目的にはこたえてくれそうです。

なので、少しくらい食べることを楽しみたいという人はわざわざ真似する必要は無いでしょう。
食費の削減とともに、栄養面・健康面でいろいろ問題が起きそうな気がします。

何にいくら使うかはその人の価値観が大きく左右するものなのですから。

そんなわけで、いつもこれといった結論は出ないのですが、
これからも節約ブログを参考にしつつ、
自分なりに少ない収入で楽しむ方法を模索しようと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。