わたしのあした~発達障害とともに生きる 2014年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局550円弁当毎日食べてる。

皆さま、おはようございます。

また午前1時過ぎに目が覚めて、
それから眠れそうになかったから、
仕事を始めていました。

最初は軽く下書きのつもりだったんだけど、
書いているうちに止まらなくなって、
早々と書き終えてしまいました。

仕事で書く文章の面倒なところは
常にクライアントさんがいて、
そのニーズに応じた内容を書かなきゃ
いけないってところです。

それは、仕事だからもう
十分に承知してるし、
一応、プロの端の端の端くれだから
その点は
承知の上でやらせていただいています。

で、
あれほど難癖つけていたお弁当だけど、
これが手作りで想像以上に美味しかったんですよ。

さすがに毎日だと飽きるかなって
最初は思っていたんだけど、
日替わりだから飽きないし、
下手したら自分で作るより美味しいんじゃ
ないかって思うくらい。

なんといっても生ゴミが殆ど出ないし、
楽だし
もうこれは少々コストがかかっても
やめられないわって乗りに
なっています。

一応仕事してるけど、
部屋着で一日家にいるんだから、
自炊くらいしろって声が
なんとなく聞こえるんだけど、
自炊しなければ光熱費も
そのぶん浮くし、
トータルしたら自炊よりも
やや高くつくくらいじゃないかって
都合よく考えている
自分がいます。

だけど何せ貧乏だから、
お弁当は昼と夕方で半分づつだけどね。

衛生上おすすめじゃないけど、
いまのところお腹こわしてないから
ちょっとくらいは大丈夫みたいです。

今日は日曜日で
お弁当屋もお休みだから、
冷凍庫の中の冷凍弁当を
解凍して食べましょうか。

では、8月最後の日曜日、
充実した一日にしようと思います。
まずは今から洗濯でも
しましょうか。

お天気がイマイチなのがちょっと気がかりですが。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

550円のお弁当買おうかどうしよう。

皆さま、おはようございます。

最近早起きすぎて、
仕事をやって、
それからゴミだしして、
外のプランターに水遣りしてきました。

この際、洗濯もやっちゃおうと思いましてね。
朝もはよから洗濯機が働いています。

ゴミだしして、朝の空を見て考えたんだけど、
今日はちょっと贅沢して
例の市役所御用達の
お弁当買っちゃおうかなんて
考えたりしていました。

もちろん、
お昼に半分食べて、
夕方は残りを食べる、という
予定なんだけど、
やっぱり2食で550円って
贅沢よねって
ちょっと悩んでいます。

幸いにも、朝から胃が痛くて。
それで、コーヒーだのシリアルだのは
受け付けてくれそうにないから
ヨーグルトで済ませる予定では
あるんだけど。

そうすればお昼と夕方で
550円と
ヨーグルトが20円くらいですかね。
それでも570円ですけど。

贅沢だけど、
たまにする贅沢だったら
それもいいかなぁ。

スーパーの冷凍弁当解凍ばっかり
食べてると
身体に悪い気がしてね。

市役所御用達のお弁当は
素材にこだわった
手作りなのだそうです。

そんなわけで今日は
550円のお弁当を
買うかやめるか悩んで
午前中が終わりそうな
そんな気がしています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

ありがとうと伝えたくて

皆様、おはようございます。
今朝も午前1時過ぎから
起きて、今日納品のファイルを
チェックして、
納品を済ませました。

それから家計簿つけて
現実は厳しいと思いました。

色々考えましてね。

ヘルパーさんは諦めて
自宅作業のフリーランスで
頑張っていこうという
考えに至りつつあります。

自宅の仕事なら
自分の快適環境で、仕事できるし、
自分ペースで仕事を選べるし、
下手に作業所に通って
無駄に消耗するより
いいだろう、という決断です。

ヘルパーの件に関しては
Twitterで、かなり愚痴を
言わせていただいた上、
暖かいお言葉を頂戴し、
感謝感激の涙です。

嬉しくてね。

世の中捨てたもんじゃないですね。

それでは皆様
今日も一日
ごきげんよう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

まともなごはんがたべたい。

皆さま、おはようございます。

最近、というかもう随分
やる気が出なくて困っています。

特にA型やめてからはほんとうにひどくて、
それでヘルパーさんお願いできないだろうか
と考えて
市役所の福祉課に連絡したら、
担当者ふたりがやってきて、
宅配弁当屋のチラシ置いて
帰っていきました。

かなり話を省略してあるんだけども、
結局、
審査を通らないと無理で、
あなたの部屋はきれいだから
ヘルパーさんが来てもやることないし
食事なら宅配とればいいでしょ、
って話で終わってしまいました。

宅配弁当なら、
今の冷凍弁当を解凍したのと
さほど変わらないし、
値段は高いし
もういらんわ、って
全部破って捨てました。

冷凍弁当、
毎日だとかなしいかな飽きるのです。

せめて、
簡単な調理と、
片付けができれば
まともなごはんが食べれそうだけど、
今は調理段階とか、
片付けを想定するだけで
気が遠くなっちゃって

そのあたりの事情も話したんだけど、
結局、
作れないなら贅沢言わないで
宅配とるか、
食事つきのB型作業所やデイケア
通ってみたらって
言われたけど
外出すらフラフラなので、
それもうーんどうしたもんかで。

結局、適当に誤魔化されたような
不愉快な気分だけが
残りました。

主治医に相談して
何とかヘルパーさんをお願いできるように
意見書を書いてもらうくらいしか
方法はないけど、
もう通院すらしんどくてね。

こんなにしんどいのに、
それは全然伝わらなかったみたいで。

まったく残念な話し合いでした。

しんどかったらまた連絡くださいって
いわれたけど、
今の状態じゃまともな食生活が
できてないから、
回復も怪しいんですけど。

せめて、フライパン洗えるくらい
気力が戻ればいいんですが。

贅沢はいわないからまともなごはんが
食べたいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

発達障害者の生き方

皆さま、こんにちは。

まあ、生意気にこんなタイトルつけてみたけど、
実際のところ、発達障害者の生き方は
それぞれだと思います。

当たり前のことだけど。
そして特定の生きかたを否定するわけではないけど。

発達障害のない人の人生がそうであるように、
発達障害の人の生き方も
それぞれあっていいんじゃないか、と
この頃は思うのです。

私の場合を辿ると、
少し前は、発達障害の啓蒙活動がしたいと
ずっと思っていたけど、
最近はそうでもなくなってきました。

もちろん、発達障害の社会的な理解を
深めるための啓蒙活動にはおおいに賛成だけれど、
なんだかそれだけが、発達障害者に
与えられた使命だって決め込んでしまうと、
せっかくの自分の可能性が
狭められてしまうような気がして。

もったいないように感じるのです。

だから私は、
啓蒙活動は他の方にお任せして、
自分の可能性をまず開くことを
優先していきたいと思っています。

発達障害は私の一部であって、
全てじゃないですし、
それがあろうがなかろうが、
自分と言う人間に変わりはないわけで。

だからこのブログも、これからは
発達障害の理解のためというよりも、
自分と言う人間の歴史を綴るようなかたちに
変化していくと思います。

発達障害だから損をした、
発達障害だからあれもこれもうまくいかなかった。
それは周囲に理解がなかったからだ。

確かに私もそう考えていた時期が
ありました。

たぶんそれは、私のように
人生なかばで発達障害が発覚した人なら誰でも
一度は通る関門のようなものだと思います。

でも、その関門はいつか過ぎて
過去のものになっていくほうが
自分と言う人間がよりよいかたちで
前に進んでいくために、
いいような気がするのです。

私は、今は一人で
自宅でできる仕事を中心にしています。

それは、私は一人にならなければ、
なかなか、自分のよさに気が付くことが
できないからです。

たくさんの人の中にいると、
自分のダメさばかりが目に付いて、
ああ自分はダメダメと思ってしまって、
それが結局自分をダメにしてしまっている。

だから一人になって、
自分のいいところを少しでもたくさん
見つけられるようになりたい。

今はそう考えています。

生き方は、人それぞれです。

私もいつか一人の世界を離れて
社会の中で生きていけるようになるかも
しれないし、
このまま一人の世界を貫いて生きるかも
しれない。

それはわかりません。

ただ、
今は自分の力を信じられるようになりたいのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

ペット、飼いたいけどね。

皆さま、おはようございます。

きっぱり作業所もパスして、
フリーランスの道を歩いてみようか、
それとも、しばらくしたらまた作業所に通うか
あれこれ考えあぐねています。

ところで、某タレントさんの
ツイッターが炎上してるという話を聞きました。

詳しい事情はよくわからないんだけど、
何やら、猫を保健所に連れていこうとした人に
対して
そんなの絶対ダメ!
と、某愛猫家タレントさんがリプライしたことから、
炎上したらしいんだけど。

その事件については良く知らないから、
それは置いて。

私が思うに、ペットを飼うって、
ただ可愛いからとか、
癒しになるからとか、
そういう事情だけで飼えるものじゃないと
思うのです。

そもそも、団地住まいの私は
ペットは飼えないし、だから余計に
ペット飼いたいって気持ちになってしまうけど。

でも、実際飼うとなったら、
まずペットOKのマンションかアパートに
引越しするところから始めないといけません。

実際、ペットOKの物件は
敷金高いし、引越し費用だってバカになりません。

今は貧乏フリーランスの私は
保健所へつれて行かれる猫を
飼ってあげることはできません。

でも、そのまま放置すれば、
繁殖してどんどん増えるし、
そうなると、保健所に連れていかれる猫の数も
増えちゃうことになるんですよね。

そうなる前に、自分は飼えないから
保健所に連れていくっていうのも、
確かに可愛そうなんだけど、
それも方法としてアリなのかなと
貧乏フリーランスとしては考えるのですよ。

私は飼うこともできないし、
かといって、
保健所に連れていく勇気も持てないから、
偉そうに言える立場じゃないけど。

けれど、探せば、里親探しをしてる団体もあるし、
殺処分を減らそうという運動をしてる人たちも
いるんですよね。

だから、いきなり、
可愛そうだからダメ!
じゃなくて、
保健所だけじゃなくて、里親探しの団体もあるよとか、
そういう言い方にすれば、
炎上するほどにはならなかったと思うのですよ。

ペットを飼えば、外出も制限されるし、
人間と同じように、病気になっても
健康保険が使えないから医療費だって
かなりの額になると聞くし、
そうなると、私がペットを飼いたくなったら
せいぜい猫カフェとか行って
癒されに行くしかないかなぁって思うのですよ。

だいいち、人間一人の面倒も
見かねてるのが現状だからさ。

私に飼われたペットが可愛そうな思いをするのは
明確だもの。

だから思うのです。
癒されたいとか、ただ可愛いから飼うのだけは
絶対やめたほうがいい、って。

飼うなら、一生面倒を見る、
癒しのための投資は惜しまない。
それくらいの覚悟を持って飼わなくちゃ、
ダメだってこと。

逆にその覚悟が持てないのに
安直に可愛そうという気持ちだけで飼うと
こんなはずじゃなかった、
ってことになって、結局可愛そうな運命を
辿ることになってしまいますからね。

後、一つ思うのは、
ペット連れOKの施設が
もっと増えるといいのにっていうこと。

介助犬や盲導犬は、その役割から
同行できる施設も多いけど、
ペットとなると同じ犬なのにダメ!って施設を
結構見かけます。

恐らく、これは多くのペットを飼う人の
マナーの問題じゃないかと思うのですよ。

盲導犬や補助犬は、
しつけが徹底してるから、
殆ど人間と同じようなマナーも守れるし、
人の言うことも聞きますから。

ペットを外に連れて行くなら、どうしても
人間のルールに納まるようにしないと、
連れていくことは難しいかもしれません。

元々、人の言うことを聞きやすい性分の子なら、
連れていきやすいけど、
そうでないとなかなか出れないのが
現状かもしれない。
けれど、
個人的に思うのは、
人間が何とかできることは
ペットを飼う以上、最小限やってね、と
思うことはあります。

それは、散歩中の排泄物の後始末です。

ペットはどんなにお利口さんでも、
自分で排泄の処理を、人間と同じようには
できませんから。

そこは、飼い主がきちんとしてあげる部分ですね。

結論は、つまるところ、
人の心がけ一つってことになってしまうのだけど。

さて、今は貧乏フリーランスの私は
今日1日を有意義に過ごせるよう、
頑張っていくとします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

私が作業所を去った事情あれこれ

皆さま、おはようございます。

今日は4時に起きて家計簿つけていたけど、
その厳しさを思い知らされました。

A型作業所辞めた理由は、
所長とウマが合いそうになかったから。
職員さんは、いい人が多くて、
私の話を良く聞いてくださった職員さんもいて、
温かい言葉をかけてくれて、
本当に感謝しているんだけど、
所長があの感じだと、いくら職員さんが良くても
あの所長で全て帳消しになっちゃうだろうな
…。

所長も、何気に面倒な人はやめてもらいたい
オーラを漂わせていたから、
ああもうここにはいられないだろうなって。

そりゃ土下座して何十回と詫びれば、
まぁ仕方ないわね的な雰囲気を漂わせて
置いといてやるわよ、
…ってなったのかもしれないけど、
さすがにそこまでする気持ちにはなれませんでした。

私の周りには、発達障害で作業所が続いている人が
あんまりいないような気がします。

もともと、社会性やコミュニケーションに
困難を抱えているから、
作業所みたいな場所は基本的に合わないのかも
しれません。

私は人の中にいるだけで疲れてしまうので、
通所だけで心身ともにエネルギーを消耗していた感が否めません。

加えて、周囲の人の言葉をスルーできなくて、
ひっかかってはイライラしていました。

特に、ひっかかっていたのは、トラブルを起こした
K子さんでした。

K子さんは実家暮らしで、作業所のお給料は
全額貯金をしていると、何度も話しているのを聞きました。

実家暮らしで余裕があるのか、
障害年金だけでも結構遊べるらしく、
悠々自適な暮らしぶりを得意げに話していて、
それが、私にとってイラっとする原因でした。

K子さんは、人とコミュニケーションをとるのが
上手で、送迎の車ではいつも、
運転する所長の隣の助手席に座っていました。

まるで特等席に座るみたいに。

だから、所長はK子さんがお気に入りだったのかもしれません。

まぁ、それは私の想像の行き過ぎかもしれませんが。

そんなストレスが重なって、ある日私はK子さんに怒りをぶつけました。

どうにもこうにもK子さんの行動が目に付いて、
雑音のようなうざったさを感じていたのが、
爆発してしまいました。

私は家族からずっと否定されて育ち、
自己肯定感がなかなか得られず、
どうにかやっと築いた危い自己肯定感は、
ちょっとしたことでもろく崩れてしまうようです。

K子さんは私よりも後に入ったのに、
結構なんでもこなす、出来る人だったことも、
私がK子さんに対する嫌悪感を募らせていった
原因なのかもしれません。

このあたりは確かに自分自身の問題で、
K子さんに対して怒りをぶつけるのは理不尽なことかもしれません。

でも、私はそうせずにいられなかった。

こんなことは、誰にでもある気持ちかもしれません。

普通の人は、自分と合わない人や気に入らない人がいても、
その気持ちを上手く処理して、社会生活を営んで
いるのではないかと思います。

私はそのあたりがどうしても上手くできなくて、
そもそも、協力して一つの物事をやり遂げることに
あまり意味を感じることができないので、
どうしても、相手に対する不快感だけが強く残ってしまうのかも、
と、考えてみたりします。

朝から長々と語ってしまいました。

愚痴のような私の話を、ここまで聞いてくれてありがとう。

結論はまだでないけれど、しばらく作業所は
A型でもB型でも御免なさい、っていうのが
正直な気持ちです。

そんなわけで、今日も仕事頑張りますね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


フリーランスに休みはないのね。

皆さま、こんばんは。

世間はお盆休みですが、
フリーランスとなった私は、
お盆休み返上で仕事をしています。

というか、そもそもフリーランスに休日って
ないんですよね。

家で仕事しているんだから、毎日がお休みのようで
実はそうではなくて、
ちょっと気を緩めて休んでしまうと
後が結構大変なことになるんです。

今、ちょうどその真っ最中で、
この時間まで仕事をしていました。

ここのところお盆休みと溜まった仕事で
ブログを更新してる時間が
なかなか取れなかったんだけど、
今日、というかもう昨日になっちゃったけど、
仕事に一区切りついたのと、
この調子でまたブログを放置しそうという
懸念もでてきて、この時間に
つらつらと更新しているのでした。

いまや、ブログはすっかり息抜きになりました。

文章もかなり適当になっちゃいましたが、
できる範囲で更新していきますので、
これからも当ブログをよろしくお願いいたします。

…それでは、今日はこれでさようなら。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


フリーランスってこんな感じ

皆さま、こんばんは。

A型作業所を辞めて、
名実ともにフリーランスとしての月曜日を迎えました。

とはいえ、未だに作業所通いのダメージから
立ち直りなうなので、
フリーランスの仕事をいきなり増やすわけにもいかず、
今までのライターの仕事で信頼を得つつ、
少しずつ幅を広げていけたらいいなと
考えています。

フリーランスといっても、
私はライターの仕事がメインです。

ライターといっても、いわゆる口コミライターです。

偉そうにライターと語ると、
一流ライターさんから
クレームが来るかもしれないので
あまり大っぴらには言えません。

フリーランスで数を稼ぐのに効率がいいのは、
データ入力でしょうか。

早く、正確にデータを入力できる自信があれば、
恐らくこれが一番稼げるし楽だと思います。

私は文章は誤字脱字誤変換なく正確に
打ち込めますが、
残念ながらデータの入力はどちらかというと
苦手な部類に入るので、
口コミライター限定でやっています。

これはインターネット環境があれば、
割と簡単に誰でも出来ますが、
お仕事なので、きちんと納期はありますし、
きちんとしたお仕事をしないと、
次からお仕事をいただけなくなるので、
口コミ書くなら私にもできるわ~的な乗りで
引き受けると結構大変です。

当然ながら自分に頼まれたお仕事なので、
自分しか出来る人はいません。

余程の事情がない限り、納期の延期などという
ことは、基本的にNGでしょう。

そういう厳しさがあるわりに、
はたから見ると遊んでパソコン打ってるようにしか
見えないのがやや残念ですが。

でも、自宅から出ることがないので、
外へ出るストレスはかなり軽減されます。

自宅が職場なので、休憩時間はいつでもできます。

ただ、気をつけないといけないのは、
ちょっと休むつもりだったのが、そのまま寝てしまうことでしょうか。

それから、パソコンを使う仕事全般に言えますが、
パソコンの不具合には十分に注意です。

納品はファイルのやりとりになりますから、
パソコンが突然ご機嫌ななめになって、
納品予定のファイルがなくなってしまったら
どうしようもないので、
常にバックアップを取るなど対応策を
考えないといけません。

お金とスペースに余裕があれば、
もう1台マシンがあるといいでしょう。

私は貧乏ですが、安物でいいので、
バックアップ専用マシンが欲しいです。

今日は長々と語ってしまいましたが、
フリーランスで仕事をしたいとお考えの方に
参考になればと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

発達障害の人が手を出さないために。

皆さま、こんばんは。

障害年金の記事が中途半端になっていますが、
それは少し棚上げして、後日また書こうと思います。

わたくし、本日、A型作業所を辞めてきました。

思うところは色々ありますが、

所長は私の退職を待ってた感が漂っていました。

私は空気を読めないところがありますが、
漂う雰囲気は時として
かなり正確に察知することができるのです。

まぁ、面倒な人はさっさと辞めてもらったほうが
楽ですし、それが人情というものであることは、
もう百以上承知してるから、それはいいとします。

原因は私にありますし、その理由というのも
正当化できるものではないから。

発達障害の人は時として、攻撃的になるところがあります。

大抵、ストレスがピークに達して、
どうにもこうにも、感情が抑えきれなくなっている時に、
攻撃的になりやすい傾向があります。

そんなときは、頭の中は真っ白で、
半分以上パニック状態なので、
説得しようとすると混乱して、
余計感情的になると言う悪循環にはまります。
なので、できれば、気持ちが落ち着くまで
静かに過ごさせておくのが一番の対策だと
私は思っています。

全て発達障害の人が私と同じではありませんが、
ストレスがピークになると、
自分の中で感情やなんやかんやが処理不可能になって
フリーズしてしまう傾向が、確かにあるように感じます。

だから、発達障害の人は手を出しやすいと
言われてしまうのかもしれません。

手を出さないようにするためには、
ストレスの少ない環境に身をおくことが一番の対策だと
今回の出来事で私は学びました。

作業所で新しい人がしょっちゅう入ってきたり、
システムが変わったり、
あった仕事が無くなったりしたことが、
地味にストレスになったのかなと思います。

でもそれは、社会で生きる上でありえることだし、
仕方のないことだとは理解しています。
でも、気持ちがどうしても受け入れることが
できなかったのかもしれません。

そんなわけで、しばらく作業所に通うこともやめて
しばらく静かに、ネット内職にいそしむことにします。

幸いにも、お金を使って遊ぶだけの余力もないしね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。