わたしのあした~発達障害とともに生きる 2014年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の定番メニュー

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

さて、ツイッターでも時々呟いていますが、私が最近日曜日に決まって作る夕飯メニューがあります。それが、『揚げない揚げだし豆腐』です。

材料は、豆腐1丁、片栗粉(豆腐に薄くまぶす)、めんつゆ、めんつゆを薄める水、です。
味付けに使うめんつゆの量は、商品のボトルに表示されているので、それを参考にしてください。

作り方は、まず木綿豆腐1丁(約300g)を水きりします。

私は、豆腐を水切りするときは、豆腐を別の入れ物に移してそのまましばらく置きます。すると、だんだんと水分が出てきます。出て来た水分は捨てます。この作業を数回繰り返すと、出てくる水分の量が減ってきます。殆ど出ない状態になったら、水きりは終了。豆腐の残った水気を布巾でふき取ります。

そして、豆腐1丁を縦に三等分して包丁で切ります。

これで、下準備は完了。あとは縦に三等分した豆腐に片栗粉を薄くまんべんなくまぶして、油を少し多めに入れたフライパンを熱し、そこに片栗粉をまぶした豆腐を入れ、両面を揚げ焼きします。キツネ色に焼けたら、水で薄めためんつゆを入れ、少し煮て味をしみ込ませます。

煮汁と一緒にお皿に盛り付け、好みでおろしたしょうが、大根おろしなどをのせて、出来上がりです。

私は、料理の手順を組むのが苦手なので、だいたいこの作業に20~30分くらいかかります。でも手際よくやれば、豆腐を揚げ焼きしている間にもう1,2品は作れるだろうな…と思います。

私にとって、料理を作るのは本当にエネルギーを使うことなので、作るのは仕事が休みの日で、エネルギーが比較的残っている日曜日、ということになります。
豆腐は安くて、栄養もあります。味が淡白なので、どんな料理にも使えるため、いつも買う定番品です。ただ、賞味期限が短いので早く使い切るために、日曜日にこれを作るのが定番になりました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

発達障害の人がお洒落できない事情

先日、ツイッター仲間数人で、お洒落(服装)について語り合い?をしました。

いろいろと話す中、発達障害を持つ人は、一部の人を除いて、お洒落に関心のない人が多そうな、そういう印象を持ちました。

その理由について、私なりに考えるところでは、まず、基本的に発達障害の人は、自分の興味あること以外は全く関心がなくなる傾向にあるのが、一つの原因かと思いました。

後は、服に関してこだわりが強く、『この服じゃないとダメ』と強く思い込んでいる場合。

人によって、例えば私のように、『着られるうちはとことん着る(まだ着れるのに新しい服を買うのはもったいない)』ということにこだわっていて、新しい服を買えないなど本人なりの理由がある場合。

感覚過敏があって、特定の素材の服しか着られない、という場合。

いろんなことが重なって、結果として、いわゆるお洒落とは遠い服装になってしまうことがあるようです。

もちろん、普通の人にもそれなりに服装にこだわっている人も多いでしょう。例えば、いつも最先端のお洒落をしたいというこだわり、質の良い服を長く着たいというこだわり。或いは、流行なんかに左右されないで自分のスタイルを貫きたいというこだわり。

発達障害の人のこだわりが、普通の人のこだわりとちがうところをあえて言うならば、
とにかく一度一つのことに拘ったら融通がきかない、
というところでしょうか。

そのために周囲の人と折り合いがつけられず、場合によっては衝突が起きてしまいます。

私は、若い頃、服装をTPOによって考えるということができませんでした。
遊びに行くにも買い物に行くにも、何を着ていけばいいか分からず、悩みに悩んで着る服を決めていた記憶があります。時代はバブルでしたから、みんな何らかのブランドの服を着ていましたが、私は常にある程度は自分の好みを優先させていました。そうしながら、なるべく流行に乗り遅れないように、自分なりのお洒落をしていた
ような気がします。

今は、トレンドを追うという感じで、私が若い頃よりみんな忙しそうな感じがします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

洗濯物を溜め込んでしまいました。

今週は何かと、慌しかったです。
通院が2回。通院を仕事が終ってからにすると、やっぱりしんどい。
でも、通院のために仕事を休むと減収になるから、しんどくても仕事して、それから通院で乗り切っています。

まぁ…体力が続くかぎりはそうするかな。何せ生活がかかっている。障害年金は減額されるし、来月から消費税は上がるし。そうそう弱音を吐いてばかりもいられません。

疲れて帰宅したらそのまま、なだれ込むように寝たいところだけど、なかなか一人暮らしではそういうわけにも行かず。

それでも、水曜日の雨のせいもあって洗濯物をかなり溜め込んでしまいました。

そんなわけで、溜め込んだ洗濯物を片付けるべく、洗濯機を回しています。

一人暮らしではあるけど、シーツなど大物を洗うときは、大き目の洗濯機がいいかと思って、一人暮らしのわりには大きめを購入したけど、それが今回は仇になってしまった感じです。もう少し溜まるまで、と先送りしているうちに雨が降ったり、疲れきってできなかったりして、週末に持ち込んでしまいました。

お陰で、今、私の洗濯機は、かなり頑張って働いてくれています。

まだ洗いたいものはあるにはあるけど、干す場所に限界があるから、これ以上はもう無理かな。

残りはまた次の機会にすることにしましょうか。

日曜日はまた雨になるらしいから、洗濯物も今日が勝負といったところ。のんびりしたいけど、これを片付けなきゃ、来週着るものがなくなってしまいます。

そんなわけで、私のこの休日は家事に明け暮れる予感。
まあ、遊びにいくほどお金もないから、ちょうどいいのかもね。

それでは皆さま、良い週末を…。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

この世は適当でできている?

とは言っても、適当=良い加減という意味ですね。

たぶん仕事もそうだと思います。

それが、最近になってようやくわかってきました。

でも、なかなか自分に対して、その適当を許すことができないのです。

その気持ちの奥底には、常に不安があるのだと思っています。

常に100でやらないと、また、仲間外れにされてしまったりして、いやな思いをするんじゃないか、と考えてしまうのです。

でも、多分、本当は70くらいの力で仕事をしても、それなりに認めてもらえるのだろうと、分かりつつあります。

後は、その良い加減を少しずつ実行できるといいなと思います。

今の私は、その段階にいます。わかっていても、すぐに実行できないのです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

さらば100円ショップ

今日のブログは、昨日の話の続きです。

ブログで、紐がなくて古紙が出せないことを書いたら、やっぱりあのダンボールやチラシなどのゴミを、早くなんとかしなければと思いました。

それで、駅ビルの中にある某100円ショップで、紐を捜すことにしました。

しかし、…なぜか店の中の商品が、今までの半分以下になっているのです。

良く見たら、今月末で閉店するということが書かれた張り紙がしてありました。

それでも、残った商品の中に、荷作り用の紐がないか、探しました。

残念ながら、紐は既に売り切れていました。

仕方ないので諦めて、店を後にしました。

この100円ショップには、通院の時の電車の待ち時間に、よく立ち寄っていたお店でした。

確かに、100円ショップで買うよりも、大手スーパーのプライベートブランド商品のほうが安いことが多いから、消費者もそちらを利用することが多くなってしまって、以前ほど100円ショップも流行らなくなってしまったのでしょうね。

来月からの増税で、100円ショップの商品も、108円になってしまいますからね…。

そんなにしょっちゅう買い物していたわけでもなかったけど、電車の待ち時間に寄るお店として、脳内にインプットされつつあったというのに。

その点で、残念で仕方ありません。

また新たに、電車の待ち時間に立ち寄るお店を見つけないといけません…。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

紐がなくてゴミが出せない?

うちは経済的事情から新聞はとっていないのだけど、何故か私のポストには、最終的にゴミにしかならないチラシや情報誌が入っていて、それを捨てたいのだけど、市から配られた『ゴミの出し方』によると、古紙やダンボールは紐で縛って出すように書かれています。

その、『荷作り用の紐』がないのです。なかったらガムテープで代用できないものかと悩んで、結局出せず、それらは押入れの中などに入って場所を占拠しています。

昨年夏に引越しの時に使ったダンボールは、電話をしたにも関わらず業者が取りに来ず、押入れの一番上の段に、つぶした状態で置かれていて、無駄に場所を取っているなぁと思いつつ、電話もできず、そのままになっているのです。

聞けばいいのかもしれません。もう一度引っ越し業者に電話をすれば、取りに来てくれるかもしれません。でも、その電話をすることや、誰かに聞くことが、私にとってとんでもない高いハードルなのです。

それ以前に、紐を買いにいけばいいのでしょう。でも、それを買いに行くのがまたハードルが高いのです。スーパーやホームセンターは、私にとって視覚刺激が強いのか、目的物をさがすのにすごく時間がかかってしまい、疲れてしまうのです。

だから私は通販をよく使います。日用品や食料品の殆どをネットスーパーで揃えます。その、ダンボールや通販のセールの冊子(それも半端なく分厚い…)がたまる一方です。

ネットスーパーの袋も同じくです。とりあえず、ゴミ箱の底に入れておけば、ゴミを出した時に袋をすぐ入れ替えられて便利ではあるのですが、いかんせん、出すのもゴミがあまり出ないため使うのが追いつかず、どんどんたまる一方です。

なので、通販でのお願いなのですが、梱包するダンボールや袋を減らしていただきたいのです。商品の運送の関係上ある程度仕方ないのかもしれませんが、それにしても、通販が届くと、商品以外の梱包材のゴミは半端ないと感じます。回収も難しく、個人で処分するしかないのかもしれませんが、私のような人もいるので、ゴミを減らすためにもご一考をお願いしたいです。通販のセールの冊子も、そんなに買い物はできないので必要ないので、送らないで欲しいです。

それ以前に紐を買いに行けばいいだけの話かもしれませんが…。
なかなかそれが困難な人もいるということを、おわかりいただけたら幸いに思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

消費税増税対策?

来月から消費税が8%になるそうで、その前に皆さん対策を考えているようですね。

でも、私は最近までまったく無関心で、特に意識してなかったのです。

世間が増税前の買いだめと騒ぎ出して、私も何かしないといけないような、今はそんな気分になっています。

日用品は、一人暮らしだからそれほど減らないから、慌てる必要なさそうだし、あえて買うなら冷凍食品や缶詰めくらいかな…でも冷凍食品は冷凍庫の容量を考慮したらそんなには買えないから、やっぱり買うとしたら缶詰めですね。

私は、肉や魚の調理が基本出来ない(正確に言うと、触れない)ので、魚は缶詰めを買うことが多いのです。残った汁は薄めて、それにしょうがを加えて炊き込みご飯にしたりします。

缶詰めなら、買いだめしても置き場所を取らないし保存もきくから、良さそうですね。

今度ネットスーパーでまとめ買いしておこうかな。

でも、買いだめするといっても、ある程度予算を決めないといけないですよね?

うーん、なんだかそれも面倒って感じですけど。

最近になって世間があまりに騒ぐから、それに乗らないといけないような気がして落ち着かない、というのが本音かな。

それに、そんなに、買いだめって必要でしょうか?

それよりも、今まで以上に不要な買い物をしないほうが得策ではないだろうか?と。

世間が騒ぐのは、消費税が上がったら売り上げが落ちるその前に騒いで買わせようとしているのじゃないか?と。

まあでも、保存のできるものなら、今のうちに少し蓄えておいたほうがいいのかもしれないですけどね。

持ち家と賃貸、どっちがいい?

別にどっちがどうと言うつもりはないのだけどね。
最終的には、個人の考え方次第だから。

と言う風に最初にお断りしておきます。あくまでこれは私の個人的な考えなので。

私は、8:2の割合で、賃貸派です。

その理由は、住居という資産を持った場合、それを相続する人がいないと、結局売却するか、それが無理なら取り壊すか、という選択を迫られる確立が高くなるからです。取り壊した場合でも、残った土地をどうするかという問題も出てきます。

最近は、子どもが大きくなると、家を出ていってしまうことが多いのが現状ですね。
せっかく長いローンを組んでも、それを返済し終えた頃には立て替えやリフォームが必要になっていたりします。子どもが家を出た場合、定年後は老夫婦だけで住むことになり、これらの費用を退職金や年金だけで賄うのは大変です。

それに、バブルが崩壊した後、若者の就職難が深刻化しています。学校を卒業後、すぐに就職先がなかなか見つからないという人も多くいます。そうした場合、子どもが家に残っても、親は延々と固定資産税や、必要ならリフォームの費用を捻出していかなければならなくなります。

つまり長期ローンを組んでマイホームを建てても、定年後に住居の維持費が捻出できない時は、かなり深刻な事態が待っている、と考えるからです。

ただ、既に住宅ローンが完済していて、さらに貯蓄などの資金的なゆとりがあれば、自分たちは賃貸に引越しをして、住居は借家にするとか、取り壊して駐車場経営することも可能です。その場合は副収入になりますが、これもあくまで、借りる人がいるという前提の話。勿論貯金が相応にあれば、借りる人がいなくても困らないかもしれませんが…。

それが賃貸なら、自分がいなくなれば残った荷物を家族が処分すればそれで済みます。そこに自分が住まなければ家賃は発生しません。残された家族が固定資産税を払う必要もありません。

そういう理由で、私は賃貸派です。
持ち家にするなら、それ位は長期的な見通しを立てることが必要だからです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

子どもたちがいる休日

この連休に、子どもたちが遊びに来ました。
三女は、商業高校を卒業して春から社会人、長男(息子)は、早いものでもう中学2年になります。

その息子が今はまっているのは、『ぼんち揚げ』というお菓子。それも普通のぼんち揚げではなくて、息子の好きな漫画のキャラクターのイラスト入りのもので、コンビニだとロー○ンくらいにしか置いていないのだそう。

今日も、そのキャライラスト入りのぼんち揚げを求めて、某スーパーで探しましたが、売ってなくて、結局、普通のぼんち揚げを買いました。

ロー○ンなら、私の通う作業所の近くにもあるし、今度、仕事に行ったときに覗いて、あったら買って、それこそ増税前に送ろうかとまで思ってしまいました。

息子は高機能自閉症。
ぼんち揚げを捜し歩く弟(息子)の情熱に、お姉ちゃん(三女)は「もう!何でもいいじゃん!」と半ばあきれていましたが、そのこだわり、同じ障害の母(私)ならわからなくもなく、むしろ息子以上に熱心に探してしまいました。

部活も熱心に続いている様子でした。…むしろ、定型だろうお姉ちゃん二人は部活に挫折しているんですよね。逆に発達障害の息子のほうが、こだわりから、やめにくいのかもしれません。

あまり頑張り過ぎないで適当にやってほしいです。

…おっと、それは私の共通課題でもありましたね。

世の中は、適当でできているんだよって。

そう自分に言い聞かせて、子どもたちのいない休日、適当にのんびり過ごそうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

印象的なコメント

前の記事に、ちょっと意外なコメントをいただきました。

だいたい、ネット上で『通りすがり』と名乗る人は、軽い冷やかし的なコメントが多いのですが、先の記事のコメント主さんは、なんとなく、印象に残るコメントを残して去っていかれました。

私のブログ記事を読んで、あのようなコメントを頂戴できるとは思ってもみなかったことで、私はどうお返事を返していいか、ちょっと戸惑ってしまいました。

ただ、よくある通りすがりを名乗る人のような印象とは、少々違っていました。

だから、私はこのエントリーを書いているのです。

私は、このブログを、その名の通り、自分の記録として書いています。
公開する前に、文章をワードに打ち込んで保存し、それをコピーしてブログにアップしています。

プリントアウトすれば、もし私がこの世から消えても、私が考えていたことそのままを、メッセージとして残すことができるようになっています。

それが、時を経て、もしも、宝くじが当たる確率で、文学作品として後世に残れば、名実ともに、私の夢が叶ったことになります。

もし、そうなれば、少しは子どもたちに財産を残してあげられるかもしれません。


今日も、通りすがりさんは私のブログを読んでくださっているでしょうか。

それを、少しだけ期待しつつ、夢が叶えられる日のことを半分妄想として考えつつ、心からありがとう。

私に希望を与えてくれて。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。