わたしのあした~発達障害とともに生きる 2013年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔を上げて空を見よう

辛くて悲しくて、悔しくてやるせなくて、どうしようもない時、
気持ちがそうなってしまうと同じように、いつの間にかうつむいて歩いてしまいます。
そんなとき、顔を上げて空を見上げることは、とても、難しいのかもしれません。

けれど、思い切って、空を見上げると、自分がとても小さな存在であることに気がつけるかもしれません。

そうしたら、今自分が悩み苦しんでいることも、なんだかとてもちっぽけなことのように感じることが、できるかもしれません。

悩んでいると、どうしてもそればかり考えてしまいます。それがまるで自分の、世界の全てのように、感じてしまいます。

でも、本当はそうでなくて、自分が悩んでいることは、広い世界のほんの小さな一部なのです。

そう思うと、たとえ悩みそのものは消えてなくならなくても、ほんの少し、気持ちを紛らせることができるかもしれません。

それが、救いになることを、私は少しだけわかるようになりました。

これからも、同じことで悩むだろうと思います。
けれど、自分を別のものに変えることはできないのです。このまま、自分は自分であり続けるしかないのです。
でも、うつむかないで、顔を上げて空を見上げて、日々変化する空の色とともに、心の色も少しずつ、雲が晴れて明るくなるような、そんな感覚が分かるようになりました。


今年最後のブログです。
ありきたりのことで締めくくりましたが、今の自分の正直な気持ちを書いて、新しい年をまた、一歩ずつ歩いていきたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

自分の弱点と向き合う

診断を受けるずっと前から、自分は発達障害ではないかと疑ってきました。

2011年、介護職をしていた頃、職場のトラブルからうつ病になり、精神科を受診した頃は疑いつつも、うつ状態のほうが強くて、それを早くなんとかしたい気持ちの方が強く、発達障害の事は棚上げして、うつ病の治療に専念しました。

以後、状態が良くなって復職しては、また病気がひどくなって仕事に行けなくなる、休職する、を繰り返しながら、今年の秋の終わり頃、初めて主治医から、発達障害の疑いを指摘され、検査を受けられる病院を紹介してもらい、診断に至りました。この間、病院を3件転院し、転職も3回しました。

診断を受けて、ほっとしたというよりは、検査で自分のダメさ加減が数値化されたのを目の当たりにして、気持ちが沈んだままの状態が続きました。私は、息子が発達障害であったため、発達障害の知識はそれなりにあって、理解をしていて、自分自身の弱点もそれなりにわかっているつもりでした。でも、検査でそれが明らかになると、疑っていた頃以上に落ち込むことが多くなりました。多分私は、知識も理解もあるつもりでも、本当の意味で自分の弱点と向き合ってはいなかったのだと思います。

それが診断を受けて、やっと、最近それが出来始めてきたような手ごたえを感じるようになりました。
私には特別な能力には恵まれていなかったけれど、言語理解は人より優れた力があるし、また自分を客観的に見る能力もあることを指摘されました。

弱点と向き合うことは、今でも少し苦痛を伴います。けれど、ただそれを見て落ち込むだけでなく、どうにかして強みを活かし、弱点が上手くカバーできて、この社会でどうにか上手く生きていけたらいいと考えることができるようになってきました。

ずっと落ち込んでいたし、これからも、落ち込むことはあると思うけれど、それでも少しずつ、前に進んでいけたらいいなと思います。

私の発達障害ライフは、これからです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

発達障害で障害年金の受給が可能かどうかを相談。

私は障害厚生年金3級を受給していますが、病名は『うつ病』です。
申請した時は、うつ病がとても強かったので、間違いではないのですが、
あくまでこれは発達障害の二次障害部分で受給をしているので、出来るなら、『広汎性発達障害』で受給をしようと考えています。

まあ、受給できて、等級も変わらないなら、うつ病でも全く問題がないのですが…。
実際、うつ病の治療を受けているわけですし。

ただ今後、就労を考えた時など、やはり広汎性発達障害の方が実際の状態により近く、現実的に受給可能かどうかは別にして、都合がいいような気がするのです。

今年は、退職で始まり、荒れ模様の一年でしたが、本当にいろんなことを学びました。
特に作業所では、就労する上で大事なことを、たくさん学べたと思っています。

その一方で、私が就労するには、障害者枠であったとしても、かなり条件が限られてくることが、心理検査の結果や、発達障害の診断によって明らかになった…と、思っています。

一般企業の『障害者枠』というのは、支援がそれほど必要でなく、能力の比較的高い人が対象のように考えられます。もちろん、能力だけではないですが、それでも、ある程度仕事の効率が上げることのできる人でなければ、企業としても採用に二の足を踏むだろうと思います。

そうしたことを考えると、心理検査などの結果からして、私が(たとえ障害者枠であっても)採用対象になるのは、一般企業では難しいような気がするのです。

私が『広汎性発達障害』での障害年金の受給を考えるのは、そこにあるのです。

そのあたりを、今度、主治医と相談するつもりです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

障害者手帳の更新に行ってきました。

本当に期限ギリギリで、先日、障害者手帳の更新の手続きをしてきました。
期限が切れる時期になっても、お役所からは何の案内も来ないので、更新時期は自分で把握しておかないといけないようです。

でも、これってなんだか不親切だと思いませんか?
運転免許証の更新案内は来るのに…。

やっぱり、障害者手帳を持つことによって、税金の免除や福祉サービスが受けられる関係上、行政としてはお金に関わるから、なるべく更新させたくないのかなと疑ってしまいます。

障害者手帳の更新に必要な書類を記載しておくと、
・ 印鑑
・ 写真
・ 障害年金証書または所定の診断書
・ 本人確認ができるもの(運転免許証、保険証など)


以上ですが、自治体により必要書類が若干違う場合もあるかもしれないので、最初に申請した窓口に、あらかじめ電話で確認してからのほうが、無駄がなくていいかもしれません。

ちなみに、私は印鑑を忘れてしまったために、二度足を運ぶことになってしまいました。
しかも二度目は、歩くと結構な距離の地区市民センターまで行きました。市役所は電車を使わないといけないので、歩いて行ける市民センターのほうが経済的に助かります。それに電車だと乗り換えがあるのでやや面倒なのです。

やっぱり、地方は車がないと不便だなと痛感するのだけど、車の維持費を考えると、今の収入だと厳しいものがあります。
なので、少々不便でも仕方ないといったところでしょうか。

ただ、車を使わなくなってからよく歩くようになったことは、あまり運動をしない私にとってはいいことだと思っています。

話が反れてしまいましたが、障害者手帳の更新には、運転免許証の時のように更新案内は来ないので、期限切れには気をつけましょう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

貯金のできる私になる。

少しずつですが、元気が出てきました。
ご心配おかけしてごめんなさい。

さなぎから蝶になるときは、何かしら、多少なりとも苦痛が伴うものなのかもしれません。
辛さは、新しい一歩を踏み出すために必要なのかもしれません。

さて、私はお金がないのに銀行口座をたくさん持っていることは以前にも書きましたが、
悩んだ末に、ゆうちょ銀行に口座を開設してしまいました。

それは、今度こそ貯金ができる私になりたいからです。
そのためには、貯蓄専用口座を作ろう、そう決めました。
よく考えたら私は、入金のみの口座というものを持ってなかったので、どうしても、余ると何かに使ってしまってお金が流れてしまうのだと考えたのです。

つい使いたい気持ちにストップをかけるための、貯蓄専用の口座です。
もちろん、家電の買い替えなど必要なときは使っても、普段は手をつけない。
その気持ちを持たせるために、ちょっと覚悟を決めて作りました。

さらに、ゆうちょ銀行のATMは、小銭が入金できることを確認して、ここに口座を作ろう、と決心しました。これで財布にたまる小銭の問題も解決しそうです。

塵も積もれば、山となる。
財布に入れておけばただ邪魔になる小銭にも、何らかの価値に変わるかもしれません。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

コンプレックス

所詮、これは単なる私のコンプレックスなのかもしれません。

心理検査の結果、自分の能力を見せ付けられて、正直、強いコンプレックス(劣等感)を抱くようになりました。
その結果、自分より能力が高い人に対し、強い羨望を持つようになり、それが妬みの気持ちになってしまうのです。正直、私は今この葛藤に苦しんでいます。

自分より優れた人に対してコンプレックスを持つなんて、正直、みっともないと思ってきました。でも、今の私はその、みっともないと感じていた自分自身そのものだからです

考えたら、つまらないことです。私は、身長が低いことを気にする人を、そんなことで悩まなくてもいいのに、と思っていましたが、今の自分は、基本的にそれと同じ考え方になっています。

それでもやっぱり、高い能力を自慢げに語る人を、私は快くは思わないのです。
なんだか、『自分はこんなに出来る人間なのに、成功しない、自分を認めない人間は馬鹿だ』。

そうやって、自分よりも能力の低い人を見下していて、鼻持ちならない人だというのが、正直なところです。

もしも高い能力がありながら、上手くいかないのは、そういうふうに、どこかで、自分以外の人を見下しているからではないでしょうか?はっきりと言葉にしなくても、態度や口調などでそれが伝わってしまうのは、よくあることです。

偉そうにいいながら自分はどうなの?と言われるかもしれません。
けれど今日は、とりあえずその事は別の機会に書くことにして、そんな風に感じる人を見つめながら、自分はどうだろうというきっかけにしたいと思っています。

人は鑑ですね。
自分も気をつけたいと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

心の中に雨が降る。

“処理速度が残念だから病”が、なかなか治らず、今も心の中は雨降りです。
少し晴れ間が覗く時もありますが、また、うっすら雲がかかってくる、そんな心模様です。

私は、本当に心が狭くて、すぐに人をうらやんでしまいます。

でも、ね…

「能力が高いからあなたは成功する」

これを裏読みすると、

「能力が高くなければまあそれなり」


所詮、人間は頭が良くないと成功しないのかなぁ…
発達障害の人も同じように、能力が高くないとダメな人生しか送れないのかな。
そんなふうに受け止めて、気持ちが沈んでしまいます。

私の心理検査を担当してくださった心理士さんは、そんなことは言わなかったし、
主治医からも、そんなふうには言われなかった。

「数値が能力の全てではないですよ」

そう、言ってくれたからそれを信じたいのに。たとえそれが単なるなぐさめだったとしても。
どうして、そんな私の気持ちに水を差すようなことを言ったりするのだろう?


いろんな人がいるから、それは仕方ないのかもしれないけれど。

仕事をしていても、今日はなんだか、自分のやっていることが無意味に感じて、身が入らないことも、ありました。

クリスマスイブなのにね。

早く元気を取り戻したい。自信を取り戻したい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

クレジットカードと家計簿と

冬至も過ぎて、いよいよ今年も押し迫ってきました。
今年は、退職に始まって、障害年金の申請をしたり、作業所に通い始めたり、引越しがあったり、本当にいろんなことがあった1年でしたが、どうにか無事に年越しすることができそうです。今年は実家に帰らずに、一人静かに、質素倹約で年越しをする予定です。

ところで、私はいつもお給料日前後で家計簿を締めるようにしています。障害年金もありますが、これは偶数月の15日前後、私は障害年金とお給料、使いみちを分けているので、家計簿の締め日は、給料日前後のほうが都合いいのです。

障害年金は、額が一定なので、できるだけ定額の費目で使いみちを決めています。国保保険料や家賃、自治会費、通勤などに使う交通費、一ヶ月の上限額が決まっている自立支援で支払う医療費もここから。あと、ガス代や水道代など、カード払いにできないものも同様です。
ガス代は若干変動があるものの、水道代はいまのところほぼ一定なので、これらを引かれて残る僅かな額を貯金にします。いまのところ、定期に入れないで普通口座にそのまま入れています。というのも、各費目がなんせギリギリ設定なので、何か突発的にお金が必要になったときにすぐ対応できるようにするためです。

それで、クレジットカードなのですが、ネットでの買い物や、カード払いができる携帯電話通信料や電気代に使います。ポイントが貯まってそれを電子マネーに交換することができて、ピンチの時には助かるのですが、いかんせん、後払いになるので管理が面倒なのです。しかもカード会社によって締めの日が違うから、処理速度が残念な私は脳内で締め日や金額が混乱してしまいます。以前は複数のカードを使って支払いをしていましたが、今月から、使用するカードは一番使い勝手のいい一枚に決めることにしました。ポイントを貯めるにもそのほうが効率良く貯まります。

現金払いと同じように、クレジットカードの使いみちや予算を、ある程度決めておくことにしました。電気代と携帯電話通信料、ネットスーパーなどの買い物にメインで使うことに。電気代は、引越し時にガステーブルを買う予算が取れず、IHクッキングヒーター(一口タイプ)を使っているので、冬場はどうしてもかさみます。ただ、プロパンなのでガス代が高く、できるだけガスを使うのを控えて月額を一定にすることで、帳尻を合わせることにしています。

ポイントを交換した電子マネーや、やりくりで残ったお金(小銭しか残らないけど)などは、自分の好きなこと、楽しみに使うように決めています。

今日は、クリスマスイブですね。
皆様、よいクリスマスをお過ごしください。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

小銭貯金

家計簿をつけながら、最近ずっと頭の片隅で気になっていたこと。
それは、ジャムの空き瓶に入れた小銭…。
私は、財布の中に溜まる小銭を、小銭貯金として空き瓶に入れておくのですが、小さな瓶なので、わりと早く一杯になります。
それで、とりあえず小銭貯金として入れるのは、1円玉と5円玉にしたのですが、今、それが貯まってきて、数えたら100円くらいになっていました。

そろそろ、月末が近くなってきたので、この小銭たちをどうしようかと考えて、貯金専用口座に預けることにしました。でもいい大人が1円玉で100円程度を預けるのはちょっと恥ずかしいので、先日いただいた臨時収入と一緒に、銀行の窓口で貯金しようと思います。

最近は、支払いが楽な電子マネーを使うことが多いのですが、どこでも使えるものではないんですよね。
どうしても小銭が貯まっていくので、そのまま瓶に入れっぱなしにしないで貯金すれば、塵も積もって何かの足しになるかな、と。

貯めるばかりでなく、ぱっと使ってしまいたくなるのも事実だけど、本当に貴重なお金なので、大切に使いたいのです。

収入もまあまあ、一人暮らしで適当に暮らせるくらいの収入があって、ボーナスまで貰っていたころは、お金がこんなに貴重だと考えてなかったように感じます。今、収入が減って改めて、お金の大切さに気付かされたように思うのです。

以前は、お給料が多ければもっと貯金できるのに、とよく思っていました。でも今は、お給料をたくさん貰えたら貯金ができるとは限らない、と考えるようになりました。いくらお給料をたくさん貰っても、大切に考えずに使っていたらすぐになくなってしまう。それがお金なのだなと、改めて、地味な年末を過ごしながら考えています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

ストレスの対処法

前回も書いた通り、今は“処理速度が残念だから病”に心が侵されていて、些細なきっかけだけで、どんどん気持ちが落ち込んでくるので、なるべく、楽しいことを考えるように心がけています。

それと同時に先日、心理検査の結果を聞きに行ったとき、ストレスの対処法として教わったことを実行してみたりもしています。

偶然なのかもしれませんが、それを教わってやってみたその日は、朝まで眠ることができたうえに、寝起きもすっきりしていたので、ちょっとしたことが生活の質(いわゆるQOLというものですね)を上げて、毎日を快適に過ごせるのかもしれません。

そう考えると心理療法も効果的なのかもと考えてみたりしているのですが、いかんせん生活費ギリギリ状態。だから、健康保険が使えるかどうかが問題です。自立支援は使えなくても健康保険が使えれば、負担は軽くなります。少し遠い病院だけど、一ヶ月に一度くらいなら通えるかもしれないと、考えたりしています。

ストレスの原因から、少しでも自分との距離を置くことで、ストレスから受ける影響を小さくできると同時に、リラックスすることもできるのかもしれません。

余談ですが、思いがけず給料日前のささやかな臨時収入があり、ストレス解消にイタリアンバイキングに行って…と考えたのですが、バイキングだとつい欲張ってしまう癖があるので、それはやめて、使いみちはじっくり考えることにしました。多分、無難に貯金ということになると思います。

ストレス解消に食事というのも、多分悪くはないだろうけど、こういう時ってつい無意味に食べ過ぎてしまうもの。だから健康にもお財布にも優しいとは言えないですからね。

よく考えよう、お金は大事だよ、ってことで、今日ゆっくり使いみちを考えます。
貯金もいいけど、よく考えたら、部屋の照明器具も買ってなかったしなぁ…(苦笑)。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。