わたしのあした~発達障害とともに生きる 2013年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理検査について

先日、心理検査を受けてきました。

実はその時の様子をあれこれ書こう…、などど考えていたのですが、
やめました。

それは自分自身、かつて、インターネットでそうした記事を読み、
その先入観が、検査に少なからず影響してしまったような気がしないでもないからです。

まあ、それも含めて、私自身の能力なのかもしれないのですが。

実際、私は人の感情や言われたことに左右されやすいところがあります。

こんな問題が難しかったとか、これは簡単にできたとか。
そのように書いてあるのを読んで、少なからず、影響を受けてしまった感が否めないから
です。

これを読む人の中には、これから検査を受ける人もいらっしゃると思います。
その方たちが、先入観を持ってしまって本来の力が検査で出せないことをさけるため、
検査について書くことを、やめようと私は思います。

ただ一つ言うなら、あの検査で満点を取れる人はまずいません。
間違えて当然なのです。

だから、これから受ける人は、
出来なかったり間違えたりしてもあまり気にしないで、検査に集中してくださいね。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

女一人の吉野家

私は若い頃から、一人で喫茶店に入れるタイプだった。
でも、さすがに一人で吉野家に入る勇気は、なかった。
実は今も、無かった。

でも先日、帰宅が遅くなり、家に帰って何もできそうになかったから、
「吉野家で牛丼を食べる」という、一大決心をした。

以前、吉野家の前を通ったときは、やはり客層は男性ばかり。
そのときは躊躇して、他の店にはいったのだけど。

この日は、わたし的な事情で、男性客に混ざってでも吉野家に入る勇気を持つ必要があった。

こっそりと中を覗いたら、やはり男性のお客さんが多い。
ちょっとためらわれたが、今はそんなことで躊躇している余裕などない。
ええい、入ってしまえばこっちのもの!

と、まあ、やや大げさだけどそのくらいの勇気と覚悟を持って吉野家に足を踏み入れた。

本当は一番安い並盛牛丼にしたいところを、栄養バランスを考えて、ねぎたま牛丼を注文。

美味しかったけど、吉野家はやはり牛丼並盛にかぎると思った。

食器を店員さんに返却して店を出る。

なんてことのない、女ひとりの吉野家体験だった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

お金が貯まる家計簿

そろそろ来年の家計簿を買わなきゃと考えていた。
今まで使って来た家計簿は、「お金が貯まる家計簿」だった。でもお金は貯まらない。
借金は増えるけど。汗)
なんとなく、それがプレッシャーで、来年からは違う家計簿にしようと思っていた。

Amazonで見ても、中身(記入欄)がわからないので、やっぱり本屋さんで見てから買おう、と思った。

昨日たまたま外出予定があったので、本屋に寄って見たら、やっぱり書きなれたいつもの
「お金が貯まる家計簿」を、選んでしまった。

まあ、これでお金はたまらないけど、一冊290円。他のものに比べたらやはりお値打ち。

「お金が貯まる家計簿」

これで、来年こそ本当にお金が貯まるといいんだけどなぁ。
借金も減りますように。
そして、とにかく健康で過ごせますように。


そう願って、家路についた。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

問題の多い幼稚園児

発達障害の診断を受けるために、母子手帳や通知表がありませんか?
と言われて母に電話をして、あるかどうか聞いてみたら、案の定、処分したという答えが返ってきた。
それは、想定内だからいいとして、じゃあ子どもの頃の話を聞かせて、
今かかっている精神科の先生が話を聞きたいって…
そう、言ってみた。そしたら、

別に普通だったよ。…ああ、そういえば幼稚園のとき、友だちにかみついてたって先生が。そう、あんたって昔から、かっとなりやすいんだよね。
でも、子どもだからそんなもんじゃないの?」

私は、わりと子どもの頃のことは覚えているつもりだったけど、それは初耳だった。
でも、なんでかみついたりしたのだろう、私。

と言うか、それって、問題児じゃないですか?
かみついた状況が、喧嘩していたってことならありがちだけど、ちょっと、過激すぎると自分でも思った。

思い出せば私にとって、幼稚園は怖いところだった。暗くて、ざわざわしていて。落ち着かない。
元々一人遊びを好む子だった(らしい)から、幼稚園に行く前は殆ど友だちと遊ぶなんてなかったんじゃないか。
だからこれは、全くの想像だけど、幼稚園に行けば知らない子だらけだし、そもそも私は、友だちという認識すらなかったように思う。

どこから来てるのかわからない子たちがわんさかいる。…何?
不安な気持ちでいっぱいなのに、何かあると、「先生」と呼ばれる大人が、
「こんなことしちゃダメでしょう」と、怒る。


私は幼稚園を脱走したことがあるのだけど、確か母が「帰りたくなったら帰ってもいい」と、言ってたような気がする。幼稚園に行くことを渋る朝はたいがいこの言葉を私に言ったという記憶が、遥か遠い記憶の隅に残っている。だから私は母の言葉を思い出して、家に帰ろうとしたのだ。友だち(という認識は薄かったが)に、「もう帰る」と言って幼稚園の門を出たのを覚えている。

そしてすぐさま、誰かが先生を呼びに行った。私は先生が来る前に早く帰ろうと思ったら、
門を出たところで、脱走はあえなく失敗に終わった。

私は、幼稚園の先生は怖いといつも思っていた。なんだか、いつも誰かを怒ってるような気がしたから。

それは、確かに何か悪いことをしたからなのだろうけど、それはそれなりに理由がちゃんとあったんだろうね。

友だちにかみついた理由は、いくら思い出そうとしても自分でもよくわからない。だからあくまで想像だけど、友だちという認識がなくて、どう接していいかわからなくて、結果としてそういう行動に出たんじゃないか?と考えている。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

発達障害と障害年金(3)発達障害で受給できる?

障害年金の受給には、年金加入要件や、初診日の確認などのいくつかの条件がありますが、一番重要なのは、
1、 傷病が受給対象であるか?
2、 その傷病による障害の程度が、受給認定される程度のものであるかどうか?

ということになります。

これらの要件を満たせば、初診日に国民年金に加入していた場合、障害基礎年金、
厚生年金に加入していた場合は、障害厚生年金を、その障害の程度に応じて、受給できることになります。

障害基礎年金の場合はその障害の程度に応じて、1級または2級、障害厚生年金の場合は1級~3級に認定されることになります。

この等級認定の基準になるのが
1、 労働能力の程度
2、 日常生活の能力の程度

ですが、これらは医師による診断書により、ほぼ決定されるようです。端的に言うと、
医師の診断書で9割がた、障害等級が決まるといっていいようです。
これに関しては詳しく書かれたサイトがありますので、こちらを参考にしてください。
http://plaza.rakuten.co.jp/pswpswday/2000/

つまり、障害年金が支給されるには、
1、2級相当 就労不可であり、予後不良または不明、本人の一人暮らしを想定した上で、日常生活には何らかの援助が必要
2、3級相当(障害厚生年金のみ)就労制限(作業所に通所できる程度)予後不良または不明、同じく一人暮らしを想定した上で日常生活には何らかの援助が必要

※ 援助とは、介助という意味合いのみではなく、助言等も含まれます。

ですから、発達障害のみで障害年金が受給できるかどうかは、発達障害により、これらの程度にあてはまるかどうかによると考えます。

発達障害があっても、日常生活が普通にできて、フルタイムの仕事が普通にこなせている場合、受給は難しいと、私は考えます。
ただ、仕事をしていても、短時間労働であったり、職場で相応の配慮の上で仕事をしている場合、障害年金の受給対象になる可能性はあります。

障害年金の認定審査は、かなり厳しいです。
同じ2級でも、障害厚生年金のほうが、審査は厳しいそうです。

また障害年金は、それだけで生活できる金額ではありません。私は、障害厚生年金3級を受給、A型作業所に通所していますが、このブログに再三書いている通り、節約に頭を悩ませています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

お金をかけない年末年始

家計簿をつけながら、ああ今月も赤字だなぁ…とため息をつきながら、ふと、あることを私は考え付いたのです。

クリスマスケーキって、12月24日に食べなきゃいけない?
そもそも、クリスマスを祝う必要ってあるだろうか?
お正月のおせち料理は絶対必要だろうか?


クリスマスって、私が子どものときは、確かにプレゼントはもらっていた。私は、毎年お決まりのように、スケッチブックと色鉛筆をお願いしていて、それがとても楽しみではあったし、今もいい思い出になってはいるのだけど、今みたいに、ケーキやチキンを買ってパーティーをするなんてことは、うちに限っていえばなかった。

なら、12月24日に特別に何かする必要ってないじゃない?
24日の翌日に、残り物のケーキが安くなっていたら、それを食べてもいいし。気合が入りそうなら炊飯器でケーキを焼くとか。それに簡単にデコレーションしても楽しいよね。でもあくまで、気合が入れば、ですけどね。

お正月。これはクリスマスと違って、昔から日本人が大切にしている習慣ではあるけど、そのために高級なおせち料理って必要なのだろうか?おせち料理の一品一品には意味があるのも、わかってはいる。
でも、私は、今年のお正月はけんちん汁の中にお餅を入れてお雑煮を作って、あとは普段通りの料理を作ろうか…と考えている。そもそも自分で料理を殆どしない人だから、冷凍食品を適度に取り入れてもいいし、出し巻き卵じゃなくても普通の卵焼きだっていい。黒豆は私の好物なので、これは、前に覚えた炊飯器で作ろうかな…そんなことを考えていたら、ちょっとだけ楽しくなった。

私は料理が得意でないし、素材にもお金をかけられないから質素にするけど、お金をかけられる人はこの時だけはと贅沢するのは、構わないと思っています。要は自分の経済状況に合わせて楽しめれば、それでいいのではないだろうかと。そう思ったら少し気分が楽になった。

年賀状も、本当に出したい人限定にするつもりでいます。
何かと、出費がかさむ年末年始。こんなときこそ、自分にとって何が大切なのかを考える、いい機会。苦しいけれど、プランニングは楽しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

生まれてきて良かったですか?

時々、こんなふうに思うことがあります。

発達障害特性による失敗をしてしまったとき、

…なんでこんなミスを…。

そう思うと、余計いつまでも引いてしまいます。

元々そういう傾向がありましたが、発達障害を知ってから特に、その特性によるミスをしてしまった時、

私は生まれてきて良かったのだろうか?

と、考えてしまって、いつまでも気分が晴れません。

今日は、台風が接近しているせいもあるのかもしれませんが、

余計、そんな気持ちが強くなってしまいます。


障害年金関連記事は、もう少し気分が上がってから書きます。ごめんなさい。


私の元気の素です。ぽちっとクリックしてください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

親の理解が得られれば…。

同じ発達障害の人とtwitterなどで話していると、成人の発達障害者の場合、親の理解がなかなか得られない、というケースを見受けます。

私は1966年生まれ、もうすぐアラフィフですが、私の親世代が子育てした当時、発達障害の概念は、ありませんでした。
ちょっと変わった子、友だちが少ないけどなんとかやってきた子の中には、少なからずアスペルガー症候群など発達障害の子どもが確かにいたのです。

けれど、当時は友だちとあまり遊ばなくても「この子は一人遊びが好きなのね」、友だちとよく喧嘩になる子でも「子どもってそういうもの」で済んでいた時代。

学校時代は、勉強もそこそこできて、生真面目で、ちょっと友だちとの関わりが下手でも、なんとかやってきた子でも、学校を卒業して社会へ出た途端、会社の暗黙のルールがわからない、場の雰囲気が読めない…など、コミュニケーションの取り方に問題が生じて会社の同僚との関係がギクシャクすることで、問題が表面化する。
軽い冗談がわからず、言葉を字義通りに受け止めてトラブルになる、仲間外れになる。
学生時代とは違い、会社で仲間はずれになると、仕事を回してもらえないなど業務にも悪影響が出ます。
そうしたことから会社に行けなくなる、うつ病などを発症する、そして、発達障害が発覚するケースはとても多いようです。

発達障害は、脳機能の障害で、生来(生まれつき)の障害であり、本人だけでその困難を解決することはとても難しく、やはり、周囲の理解、特に親の理解はとても重要のように感じます。けれど、それがなかなか難しいのが現状のようです。

恐らく今の20代後半~30代以上の成人当事者は、なんとなくみんなから浮いている自分を自覚して「普通になろう、みんなと一緒になろう、それなのに、なぜかできない」という悩みを長年抱えてきています。そこへ、「あなたに協調性がないからいけないのよ」では、親子間のズレが大きくなるばかりです。

私たちの親世代の子育て時代には、なかった発達障害。でも、あなたの娘さん、息子さんは、実は生まれた時から、その発達障害により困難を抱えてきていたのです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

発達障害と障害年金(2)申請のために必要書類と費用の話

障害年金を受給するためには

1、 初診日の確認か書類上とれること
2、 年金加入期間の条件を満たしていること
3、 障害の程度が認定基準にあること、傷病が年金支給対象であるかどうか

これらの要件を満たした上で、以下の書類が必要になります。あくまで私の場合ですが、

1、 医師による診断書
2、 受診状況等証明書(初診の病院で書いてもらう)2通
3、 病歴・就労状況申立書
4、 戸籍謄本
5、 障害者手帳(あれば)
6、 預金通帳
7、 年金手帳
8、印鑑(シャチハタ以外のもの)

これらの書類は、年金事務所にあります。また、年金加入要件を満たしているかどうかの確認が必要なので、できれば、年金事務所まで足を運ぶか、それが不可能な状況であれば、
電話で書類を郵送してもらうこともできます。その場合、年金の加入状況を確認してもらうため、できれば電話する前に年金手帳を準備しておくといいでしょう。

障害年金には、医師による診断書などが必要になりますが、これらにかかる費用は、医療機関により若干の誤差がありますが、だいたい一万円前後です。

私は、障害認定日(初診日から1年6ヶ月目にあたる日を障害認定日といいます)には、障害の程度が軽く、就職活動をしていたため障害認定に該当せず、事後重症という形で申請をしました。
また私の場合、3回転院したので、受診状況証明書を取るのにやや時間がかかり、申請書類を揃えるのに1ヶ月くらいかかりました。

診断書と病歴・就労状況証明書については後で述べますが、障害の認定基準に相当するかの審査は、日本年金機構の本部で一括で行われますので、書類を年金事務所に提出してから証書が送られてくるまでに2ヶ月半~3ヶ月程度、最初の年金が支払われるまでに50日程度かかります。

審査と診断書、病歴・就労状況証明書については次回詳しく書きます。
障害認定には、この2つ(特に医師の診断書)が重要になってきます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

発達障害と障害年金(1)はじめに

障害年金とは、病気などで一定基準の障害が残った時に、国民年金や厚生年金から一定額を支給されるものです。

ただし、手続きは大変面倒な上、国民年金や厚生年金の加入期間が一定の基準を満たしている ことが第一条件になります。

そして、ここで一番肝心なのが、初診日の証明が取れることです。
初診日に、厚生年金か国民年金どちらの被保険者であったかによって、障害基礎年金か、障害厚生年金か、どちらかを受給できることになりますが、初診日がカルテ等によって証明が取れない場合、受給が難しくなることを、頭の片隅に置いてください。

一般的に、カルテの保存期間は5年と言われますので、初診日から5年以上経過している場合、カルテが破棄されている可能性があります。また、初診の病院が閉院している場合、初診証明が取れないので、これも年金受給が難しくなります。

また発達障害で、診断されたのが20歳未満で学生であった場合は、障害の程度が受給基準にあっても、障害年金が支給されないケースもあります。

発達障害だけで年金受給は難しいことが多いですが、二次障害でうつなどを発症している場合は、加入条件などを満たせば年金受給可能な場合が多いです。また最近は発達障害のみでも、年金の受給が可能なケースもあるようです。

しかし、初診証明が取れなくても、発達障害支援センターやその他機関に相談していた場合は、これを初診日とすることもできるようではありますが、確実な情報ではありません。
あくまで、参考程度に留めておいてください。

詳しくは、厚生労働省ホームページで最寄りの年金事務所を調べて、そこで相談してください。
必要書類や、年金加入期間の確認も、ここでしてもらえます。

市役所の年金窓口でもいいと聞きますが、私は、「年金事務所へ行ってください」という対応をされました。

長くなるので、続きは次回。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。