わたしのあした~発達障害とともに生きる 生育歴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私とアン

皆さま、おはようございます。
今日は発達障害とは少し離れて、
私の人生における腹心の友が、
実在の人物ではなくてもいいと言われたら
間違いなく、彼女の名前を挙げるでしょう。

その人の名は、アン・シャーリー。

ご存知の人も多いかと思いますが、
『赤毛のアン』の主人公です。

私が初めて彼女と出会ったのは、12歳のときでした。

母から買ってもらったその本を
私はさして興味があるというふうでもなく
ページを開いて読み始めた途端、
主人公・アンに強く惹かれました。
そして、あっという間に彼女の虜になりました。

印象深いのは、
始めてアンが、リンド婦人に会う場面です。

原作をご存知なら、説明がなくても
おわかりかと思いますが、
孤児院から子どもをひきとるという、
マリラ兄妹の考えをよく思わないリンド婦人から、
アンは散々な言葉を浴びさせられます。

「この子はなんてまあ、きりょうがわるいんだこと。」

立腹したアンは、激しい怒りをリンド婦人にぶつけます。

「あんたなんか大嫌いだわ!」

私は、当時クラスのみんなから
『おこりんぼう』と呼ばれていましたから、
アンのこの見事な?怒りっぷりに
たいへん共感を覚えたのでした。

私は、アンが大好きになりました。

名作の主人公の多くは、
いわゆる模範的な子どもが多い中で、
赤毛のアンの主人公・アンシャーリーは、
お喋りが過ぎて、
怒って、泣いて、大袈裟に喜びを言葉にします。

それが、当時の私に新鮮な感動を与えてくれたのです。

そして、『おこりんぼう』の私は、
いつもそれを否定されていましたから、
こうやって怒るようなことがあっても
いいんだよと言われたみたいで、
それが何より、嬉しかったのです。

私は、このとき
アンから大きな喜びと安心感という
最高のプレゼントをもらったのです。

その後、成長したアンは激しく怒ることは
なくなりました。

利発な少女だったアンは、クイーン学院に進学し
エイブリー奨学金を授与され、
大学進学の道がひらかれました。

ところが、マシュウの死で、運命は一転し、
アンはグリーンゲイブルズに残る決意をします。

それが、

「曲がり角をまがったさきに、なにがあるかはわからないの。
でも、それはきっといいことにちがいないと思うの。
それにはまた それのすてきによいところがあると思うわ。
その道がどんなふうにのびているかわからないけれど、
(中略)
どんな新しい美しさや曲がり角や、
丘や谷が、そのさきにあるのか、
それはわからないの。」

今までずっと自分を支え、温かく見守り、
親の代わりとして自分を育ててくれたマリラに、
敬愛と、優しさに気持ちに満ち溢れた言葉で、
アンはマリラを慰めるのです。

お喋りで、喜怒哀楽が激しく、
空想好きだった少女が大人へと成長していく姿が
生き生きと、優しさと生命力満ち溢れる言葉で
描かれたこの作品は、今も私の本棚にあります。

私は残念ながら、アンのような素敵な女性に
なれなかったし、今もなれていないし、
これからもなれそうにないけれど、
それでも、私は、アン・シャーリーという女性を、
生涯の腹心の友だと、改めて思うのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ダンスはうまく踊れない…?

なんだか、似たようなタイトルの歌がありましたが…。
確か井上揚水さんの歌だったと思います。

それはさておき。
私は、ダンスの振付を覚えるのがとても苦手です。
だから、バブル時代にみんながディスコにいっても、
私は行くことはちょっとできなかったのです。

小学生の頃、運動会には必ずフォークダンスがあり、
その振付を覚えるのに苦労した経験が後を引いているのかもしれません。

人と向かい合って座ったとき、私は自分の右側は?と聞かれると正確に答えることができますが、相手の右側は?と聞かれると、咄嗟に自分の右側を指してしまいます。

ダンスの振付を覚えるときも、向き合って覚えますから、どうしても、左右逆の手足が出てしまって、覚えるのに時間がかかってしまうのです。

それに何故か、同じようにしているつもりなのに、違う振りをしているようで、よく先生から注意されました。

そんなわけで、ディスコブームが来ても、エアロビクスブームが来ても、振りを覚える苦手さがあって、断り続けていました。

当然、運動も苦手なので、テニスもゴルフもお断りです。

運動についてはさんざん、小学生の頃から、できなくて馬鹿にされ続けていましたからね…。大人になった頃には、それらがすっかりトラウマになってしまって、自分からやろうとする気持ちすら、起こらなくなってしまいました。

せめて、ダンスがうまく踊れたら、それを通して友人もできたかもしれません。
ダンスができなくても、運動ができたら、休日の良いストレス解消ができたかもしれません。

この特性だけで、私は人生の三分の一くらいは損をしているような気がします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

「しんどかったでしょう?」

この間のカウンセリングで、中学の頃の話をしました。

中学3年のときの担任が、バスケット部の顧問で、クラスでレクリエーションをするとほぼ確実、バスケットボールをやるのが苦痛でしたと話したら、
「それはしんどかったですね」、と言われました。

ドリブルできますかと聞かれ、なんとか出来ますね、と答えたら、ドリブルするのがやっとの状態でゲームをするのは大変ですよ、と。

言われてみたらその通りです。
でも、当時はそれでも、普通と同じようにやらないと、「努力しようとしてない」と言われるからやらざるを得なかったわけです。

ずっとそうして早や40数年生きてきて、「しんどかったでしょう」と言われても、それが自分にとって常に普通の状態で、他の人も同じようにしんどいのに、難なくクリアする姿を見ながら、この人たちは自分とは違う人種のように感じていました。

そんな私にバスケットボールを教えてくれた子はいたけど、言われたとおりにやっているつもりなのに、なかなかできなくて、教えてくれる子に対して申し訳なくなってうつむいたら、その子が担任に、思いもよらないことを言っていて、心底驚いたのでした。

「せっかく教えてあげたのに、覚えようとしてくれない。」

これには本当にショックで、私の中で今もトラウマになっている出来事の一つです。

私が中学生の頃は、発達障害の概念もなく、
こういうことが起きても、仕方なかったのです。


「しんどかったですね」って、…もう少し早くそう言われたかったな。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

ぐるぐるまわる

ツイッターで話していたら、ちょっと思い出したので、久しぶりに生育歴に関する記事を書こうと思います。

子どもの頃、ぐるぐる回る遊びが好きだったことをおぼえています。
しかしこの遊びを、誰に教わったのか、わかりません。

ぐるぐる回って、天井を見上げると天井も回っていて、その不思議な感覚を楽しんでいました。

子どもの頃から運動はすごく苦手で、ボール投げなんて悲惨なものでした。
それでも、ドッジボールで相手側のコートにボールが届くくらい投げられた時は、嬉しかったです。

中学になって、バレーボールはサーブが相手コートに届かなかったのが、自分でもすごく情けなかったです。
バスケットボールも、パスを確実に味方に渡すことができませんでした。

でも、鉄棒やマット運動は好きでした。
小学校4年のときに、『だるま回り』という鉄棒運動が流行って、休み時間にやっていたこともよく覚えています。

それは、ぐるぐる回ることが単に好きだったからかもしれません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

学校の怖い話

私の通っていた小学校は、まだ木造校舎が残っていました。
1年生の時の教室は、木造校舎でした。

ところで、多分どこの学校でもこの手の話はあるのではないかと思うのです。
「トイレの花子さん」みたいな話。

うちの学校にもありました。
その中で記憶に残っているのが、「トイレから七色の手が出る」という話。

私は、怖がりだった割には、この手の話はあまり信じない子どもでした。
だから、みんながこの話をして怖がっていたのを、不思議な感覚で眺めていました。

だけど、本当にトイレから七色の手が出たら怖いので、母に聞いてみました。
すると、笑いながら「そんなの嘘に決まってるでしょう?」と、言いました。

ほっとした、というより、ああ、やっぱり嘘だったのだな、って安心しました。

でも嘘に決まっているのに、なんでみんなあの話をあんなに怖がっていたのだろう?
そんな疑問は残ったままでした。

それより私が怖かったのは、トイレから出ると言われる七色の手なんかより、怒る先生とか、理科室にある標本とか、音楽室にあった、バッハやベートーヴェンの肖像画でした。
理科室や音楽室は確かトイレの棟の横にあり、薄暗くて怖かったから、余計そう感じたのかもしれません。

確かに、学校のトイレは「七色の手が出る」と言われても、納得できるような怖い雰囲気がありました。

でも、私にはお気に入りのトイレ用下駄(スリッパではなく、底の部分が木でできたサンダルみたいな履物)があり、トイレを使うときはいつもそれを使っていました。もちろん、誰かに使われている時もあって、そのときはやむなく別のを使ってましたが、そのときも「優先順位」が決まっていました。

だから、暗くて怖いトイレでも、使うことができたのかもしれません。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。