わたしのあした~発達障害とともに生きる 雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧困は連鎖する

12月2日(金)金スマで発達障害の特集をしているときいて、
自宅にテレビが無いのですが、youtubeで検索したらすでにアップされていたので、
そこで視聴しました。

そのなかで、野田あすかさんという当事者の方が出演されていました。

番組をみるかぎり、この方はとても恵まれていると感じました。

まず
1、障害に理解のある父親、
2、並外れた才能
3、才能を活かすだけの資産

特に3、才能を活かすだけの資産
ここは重要だと思います。

私の場合はどうだったかというと、
私の文才(自分で書くと照れる、おこがましいが)を
認めてくれた教師はいました。

中1のときの国語教師は、
あなたには文才があるから、それを活かすといいよといってくださいました。

しかし、残念なことにその教師は1年で転勤になってしまいました。

学生の頃は絵を描くのが本当に好きで、天職と思うくらい好きで、
授業中も絵を描いているくらいで、(良い子は真似してはいけません)
その才能を認めてくれた中3のときの担任は、美術のセンスがあるといってくださいました。

だから私は美術の専門学校へ進みたかったのですが、
肝心の親が、うちに進学されるほどのお金はないから、
高校を卒業したら就職してくれないと困るといいました。

残念ながら、美術とは全く関係の無い、地元企業の事務員をすることになりました。

一般事務の仕事は、コミュニケーション能力や社会性を求められることが多く、
私は早々に挫折して仕事をやめたくなりましたが、
親がやめさせてくれませんでした。

というのも、
私の実家は下っ端自営業であったために進学させるだけの余裕がなかったことは
容易にわかっていました。

それでも、私が結婚するときには、結構な嫁入り道具や着物を準備したり、
自宅の増築をしたりしていたので、
そのお金があれば私の進学費用を出してくれてもよかったのではと
思ったりもしました。

要するに親が私の才能を活かす気がまったくなかったということです。

それでも、うちがもっと裕福な自営業だったら、
才能があるならそれを活かしてもいいかもと考えたかもしれません。


今、私は職場結婚をした夫と8年前に離婚をして、全てをなくしました。

頼れる実家は、母が年金とパートで必死に稼いだお金でやりくりして暮らしている状態。

そのお金で私は支援してもらったわけです。

これが金銭的にゆとりがあって工面してくれたら、それほど言われることはなかったと思います。


貧困は貧困を呼ぶといわれますが、うちはまさにこの例だと思います。

ただ貧困でも、才能を活かしてやろうという親の心意気というか、
才能に賭けてやろうという気概があれば、子どもは自らを否定せずに生きていけるような気がします。

その場合、親が子どもの『普通に生きる』を諦める必要があります。
これは賭けですが、多くの親は(特に貧しいと)賭けることができず
普通を望んで普通以下になって、貧困が連鎖するということになってしまいます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

引越し準備中です。





引越し準備中で、引越し先がそんなに広くない部屋なので、
ここぞとばかり断捨離したら、玄関先がゴミだらけに
なってしまいました。

多分引っ越してからも、断捨離は続くんだろうなー。

誤って必要なものまで捨てないように気をつけようと
思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

引越し準備をしていたら

(WAISの結果は個人情報のため画像は削除しました。)

はい。
WAIS3の結果です。
処理速度が72と、かなり残念です。
ワーキングメモリー(作動記憶)も平均値より低いです。
個人情報なのであまり晒さないほうがいいので、
期間限定で公開しておきます。
はっきり言って、能力的には決して高くはないんですよね。
せいぜい平均レベル。
ただ文章を書く能力は高いと言われてきました。
これが発達障害にありがちな能力の凸凹なのかもしれません。
もしもう一度学校に入り直す事が出来るのであれば、
お得意の言語性を活かして、文章力を磨きたいですね。
年齢的にちょっと厳しいので無理ですが。
なのでこうしてブログで駄文を書いてお茶を濁しています。
でも、実際には文章力を活かす仕事はないですから、
作業所でちまちま作業しながら、
親から借りた引越し費用を返していこうと思っています。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

鳥取地震

今日14時7分頃、鳥取県で震度6弱の地震が発生しました。
南海トラフ巨大地震が懸念される中発生した今回の地震は、
極めて重要な意味を持つ地震が起きたという印象です。

残念ながら私は学生時代、地学がとても苦手でした。
なので授業をサボっていたのを、最近後悔しています。

学生の皆さん、大人になってこうならないように、
真面目に勉強しましょうね。

あの時、生物や化学と同じくらい真面目に地学を勉強していれば、
今頃南海トラフがいつ起こるかという研究に邁進していた気がします。

勉強というものは、今すぐ役に立たないようにみえても、
脳内にふかく刻み込まれて、いつかの生活に役立つ機会を待っている。
だから勉強は大切なんです。

学生時代にこの事に気がつくべきでしたね。

地震予知は出来ないですが、今年4月の熊本地震、
そして今回の鳥取地震、そして来るべき南海トラフ地震は
決して無関係でないように思えています。

実際、南海トラフにはいつ大地震が起きてもおかしくないくらいの、
エネルギーが蓄積されているようですから。

そのせいか、最近地震の夢をよく見ます。何かの暗示でしょうか。

いつ地震が起きてもいいように、備えをしておこうと思います。

鳥取の皆さん、これからの地震に注意してくださいね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村



ブログ頑張ってます。

更新回数も めっきり減って、
それに比例してランキングも
下がり気味ではありますが、
ブログ頑張ってます。

まあこのブログは、
負け組人生を突っ走る残念なブログとして
スタートして、
いまもずっとそういうコンセプトでやってます。

発達障害を持っていても、
早期療育でQOLの高い人生を
歩むことができるとか、
早期診断方法の進化は喜ばしい話で、
それはそれでとても良いことと思いますが、
やはり成人期になって診断されて、
二次障害を抱えた当事者もなんとかしてほしいです。

今私はB型作業所で、
時給約320円で働いてます。

当然これだけで自立した生活は 難しいです。

出来ることなら、ここからステップアップして、
自立の道を行きたいですが、それには多くの人の理解が
必要だと考えています。

発達障害者に対する合理的配慮も
進んできている兆しは感じるものの、
まだまだ届かない人が大勢いるのも事実です。

私が思うのは、特に未就労の当事者のQOLを
上げることにもっと重点が置かれる べきではないか、
ということです。

以前Twitterでアンケートを行ったところ
私の知る範囲で、約半数弱の当事者は未就労でした。

逆に言えば、半数の当事者は就労できているということで、
これは、合理的配慮や周囲の理解がそれなりに進んできたことの
証だと思います。)

しかしそれでも半数弱が 未就労の当事者です。

かくいう私も、A型作業所もB型作業所も続かなくて
作業所ジプシー状態です。

問題はこうした未就労の当事者を就労に導けば
QOLの向上に繋がるかと言えば必ずしもそうとはいいきれないことです。

発達障害は、その特性から社会で不適合を起こしやすい障害です。

つまり当事者の中には就労そのものがストレスである人も何割かは
存在しているということです。

合理的配慮で就労に導くのも大切なことですが、
そこから零れる当事者のQOLを向上させることも
同時進行で行われるべきだと思います。


そのためにも、残念なブログを頑張って書き続けたいとおもいます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。